2016年06月01日

67期4月、創作論講義について。


67期生として、一月以上が経ちました。
遅ればせながら、4月に来校してくださった先生方のレポートであります。


4月12日、黒沢久子先生
作家・瀬戸内寂聴(晴美時代)原作「花芯」映画化についての講義

先生は脚本家としてのプライドを示してくださいました。
元々、活字と映像作品ではその技術が違うということで、
いかに映像作品として成立させ、また、さらに面白くさせるか。
原作と向き合い、葛藤しつつも、脚本には技術ありき。
けれどその答えに絶対はないと、
先生は受講生の意見にも丁重に耳を傾けてくれます。
技術の、その先の、感性。
ちなみに、昨年講義にいらしていたときとは雰囲気が違っていたと、
先輩の受講生の方に教えていただきました。
作品に挑むごとに、先生の内面にまた新たな種が生まれているのでしょうか


4月19日、旺季志ずか先生
プロの脚本家に至るまでの道のりについての講義

天才肌ならではの雰囲気が漂う旺季先生でしたが、
先生曰く、わたしほど不幸だった女はいない、とのこと。
そうは見えないほど、洗練されていらしたのですが、
目には簡単には見えない経験の深さが、そこには存在していたのであります。
デビューまでの試練についても赤裸々にお話し下さり、
先生の、その試練こそを糧に変える気持ちの強さに、ただ尊敬するのでありました。
それでも天才肌の先生だからこそ、それを乗り越えられたのでしょう。
また試練があったからこその、作品の内面の豊かさなのです。


4月26日、佐々部清先生
熊野町物語〜親父からのラブレター〜」について。(YouTubeにて配信されてます)

映画監督であり、脚本家である先生はまた違った視点で講義して下さり、
作品成立までの道のりについてはたいへん勉強になるものでした。
町おこしとしてのPRビデオを、親と息子の物語を軸に、
物語作品として成立させるその手腕。まさに驚嘆です

そしてまた無料配信されているのが、惜しいほどにクオリティが高いのです。
映画館で別の作品を探すくらいなら、
自宅で見ることおすすめ。泣けます。
そのうえ、熊野町の魅力に溢れ、その地を訪れてみたい思わせるところが、またすごい。
今度、実際に映画館でも上映されるそうですので、未見の方は要チェックです


毎回、違った先生の講義を受けられる有意義な時間。
67期シナリオ講座、価値ある時間を提供して頂いております

基礎科夜間部SK





posted by シナリオ講座 at 14:05| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

研修科夜間部の授業後交流会


 おはようございます。研修科夜間部のです。
私、基礎科夜間部からになりますのでこちらのシナリオ教室に通い始めてから早半年になります。
そんな私のこの教室での楽しみの一つは講義後の飲み会
今回のブログではよく使わせていただいている居酒屋を紹介します。
お付き合いください。


中華料理 エイト
コスト★★★★★
★★★
接客★★★
店内★★★★
立地条件★★

山田先生の回でよくお世話になるお店。
見附よりの立地、少々教室からは歩きますが、
安さ、予約なしでも確実に入れるキャパシティ。
便利なお店です。
カジュアルに中華料理を味わいたいならここ。
味には言及しませんが安く種類豊富
激辛餃子は辛党の山田先生しかまともに食べれないほどの衝撃。
一度は経験すべきでしょう。
中華料理店ならではの接客サービスの悪さは健在。
ですが、その中でも店員さんのフクさんの笑顔は逸品。
クリスマスの夜、暇を持て余した残念なシナリオ教室の受講生さんは
実はここで飲み明かしました。
おすすめメニューは北京ダック

とり鉄 赤坂店
コスト★★
★★★★
接客★★★★★
店内の雰囲気★★★
立地条件★★★★★

言わずもがな全国チェーンの居酒屋。
教室から徒歩1、2分という立地条件は素晴らしい。
古家先生の回では専ら利用させていただいております。
少々手狭な店内ですが座敷があるのは嬉しいところ。
時々バイトの人数が足りてないのではと気掛かりではありますが、
忙しい中でも気丈に振る舞う店員さんには好印象。
とりわけ店員さんのひろこさんの笑顔は素晴らしい。
雰囲気松岡茉優似の飾り気ない笑顔、
またバラエティもいけるのではと思わせる切り返しの上手さには舌を巻きます。
おすすめメニューはとりすきコロッケ
ひろこさんのおすすめはレバテキ

土間土間 赤坂店
コスト★★★★
★★★
接客★★★
店内★★★★
立地条件★★★★

初回から使わしてもらってるシナリオ教室の御用達居酒屋。
広い座敷、10人以上ならこちらの店を使わしていただいてます。
こちらも全国チェーン店ですが、全国チェーンならではのタッチパッドでの注文形態は
個人的にはマイナス点。
店員さんとの交流を楽しみたいところです。
店内の広さ、安さもあって良くも悪くも困った時の便利なお店といった印象。
以前いた店員さんのマリアさんのハロウィンでのティアラのコスプレ。
とり鉄のひろこさんと比べると化粧気のある女性でしたが赤坂の夜を彩る女性の一人でした。
今はどうしてるのかなあ。おすすめメニューは特にございません。

中華そば さかいや
コスト★★★★
★★★★★
接客★★★
店内★★★
立地条件★★★

山田先生の回で2,3回使わせていただいたラーメン屋
ラーメンだけでなく摘み系が充実しているのが素晴らしい。
またコストパフォーマンスも優れており、
各商品ボリューム・味・センス申し分ありません
さすがに居酒屋ではないので大人数では難しいのですが、
5人程度でしたら専らここと私の中では決まっております。
おすすめメニューは旨辛コンニャク

以上、お店紹介でした。長々と失礼しました。
飲み会では講義では語られなかったあんなことやこんなことが聞けて非常に勉強になります。
今期も飲み会皆勤賞を目指し、執筆作業勤しみます。
よろしくお願いいたします。






posted by シナリオ講座 at 15:46| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

5月2日研修科夜間部(H)

あっという間に5月です。

ついこないだ花見だとか言っていたのが……
私はと言えば、作品を提出できないままひと月が過ぎてしまいました。

シナリオ講座を受講の際はなんとなくでもいいので、
書くことを決めておくことをおすすめいたします。
この文章をお読みの方は試しに今、
ご自分の書くことをざっとメモしてみましょう。

そこには誰が登場しますか?
その人はなにができますか?
その人はなにができませんか?そして、それはなぜですか?
その人はなにをしたいのですか?

どの講師の方も口をそろえて仰ること。
それが『人物造形の大切さ』です。
シナリオとはストーリーを書くこと、だと思っていた私には衝撃でした。
シナリオとは「誰についてのおはなしなのか」と言っても過言ではないのです。

どうですか、どんな人物が書けましたか?
このメモがあるのとないのとでは、講座開始後のスタートダッシュが違う(笑)。
何を書こう、なんて、始まってから考えていたのでは遅いのです。
考えるだけで1カ月、下手をすればもっとかかってしまう。
それじゃあ受講料がもったいないですよね。

提出しなくても誰も怒りません。
自分で自分のケツを叩かないと、誰も叩いてくれません。

かく言う私、早くも周回遅れで苦戦を強いられる今日この頃なのでした



posted by シナリオ講座 at 10:43| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

65期基礎科・研修科総括(ケイ)

研修科・夜間部、「ケイ」です。
ご無沙汰しております。

いよいよ昨年4月からの基礎科より始まった講座も今月をもって終わりとなります。

今回はこの一年間の講座を通して様々な講師の先生方から学んだ
脚本家を志す上で肝心なポイントをまとめてみたいと思います。
……と書いてしまうと何ともおこがましいところもありますので
一受講生の覚書程度に目を通して貰えれば幸いです。

まず、脚本を書く上で大切となるのは
いかなる物語も最後まで描き上げる根気と、
書き上げた物語を俯瞰視し、改善を重ねていける
客観性
の二点です。
当たり前のことかもしれませんが、
この二点を理屈としてでなく事実として理解し、
脚本の執筆に臨めるようになったことは、
この講座を通じて自分が得られた大きな財産です。

余談ですが、人間の脳の構造上、見直しの前に書き上げた
原稿を寝かせる期間は4日ほどが理想的だとか……。

また、多くの脚本家の先生方が共通して主張されていたのが
日常生活における観察力情報収集力の重要性。
これらは脚本に留まらず、あらゆる創作を行っていく上で
この上ない武器となります。
普段何気なく乗っている電車の中で行き交う人を眺めるだけで
創作のヒントを得られるようになれば、億劫な移動時間も
有意義な時間に変わっていくに違いありません。

講座はこれにて終わりとなりますが、
ここまでの経験を自分の脚本家としての一里塚とし、
今後とも切磋琢磨していく所存です。

またどこかでお会いしましょう。
願わくばお互いにプロの脚本家として。



posted by シナリオ講座 at 19:13| 15年秋 第65期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

3月9日研修科昼間部講義(K)

 
はじめまして。研修科昼間部のKです。

3月といえば卒業シーズンですね。
私たち研修科も、3月末で修了ということになります。
というわけで、最近の講義では、
皆さん書き上げた2時間ものの脚本をやっと提出されていたり、
今まであまり提出することのなかった方まで作品を出されていたりと、
何かと仕上げの時期に入ってきております。

さて、そんな締めくくりモードに入った去る3月9日は、
三浦有為子先生の講義でした。
講義前、いつも以上にソワソワしている生徒一同・・・。
実は、その日の講義は、一年間(もしくは半年)の総仕上げということで、
プロの俳優さん方をお招きし、私たちが書いた脚本を目の前で演じてもらう、
ワークショップ形式の特別講義だったからなのです!
自分の書いたものを目の前で演じてもらう、なんてことは普段なかなかないことなので、
講義直前だけでなく、もう何週間も前から「一体どんなふうになるんだろう…」と
不安と期待でどきどきしておりました。

そして午後二時。先生と俳優さん方がいらっしゃり、早速ワークショップ開始。
6本あった脚本をすべて読んできていただいた上で、
各作品の1シーンを順に演じていただき、先生、俳優さん方、作者、他の生徒で
「演じていただいた上で発見した矛盾や違和感」などのディスカッションをしました。

率直で稚拙な感想しか出てきませんが・・・面白かった。
 
ここからは私の個人的な感想でしかないのですが、やはり目の前で演じていただくと、
登場人物たちの動きや言葉、感情の流れがとてもよく見えるのです。
ビジネスなんかでよく使う《見える化》 って奴です、たぶん(違う)。

パソコンの画面上に浮かび上がった文字の羅列と、
生身の人間が動いて喋って紡ぎ出すものって全く違うんだなと、肌で感じました。
自分が書いたキャラクターが、俳優さんたちによって息を吹き込まれ、
目の前に立って生きている。心の底からすごいことだなと、そう思いました。

自分の脚本を演じていただいた後、先生から意見を求められて、
何もいいことを言えなかったのですが、正直心がじんじん痺れていて
この気持ちをどう表したらいいのかわからなかったのでした。

その反面、パソコン上では見えていなかった台詞、動き、
感情の流れの違和感や矛盾も発見し、自分の甘さを痛感しました
人から指摘を受ける前に、自分で気づけるようにならないと・・・。
まだまだ、修行あるのみです。

そんなこんなで興奮も冷めやらぬままに講義が終了し、
その後、俳優さん方も交えて懇親会を開きました。
今日の講義のお話から、各自脚本の話、演劇の話、映画の話、
修了したらどうするの?みたいなお話まで、
いろんなことをワイワイガヤガヤおしゃべりしました。
お酒も弾むし、笑いも絶えない。そんな楽しい場となりました。

帰り道、ぼーっと電車に揺られながら、
今日のことを反芻しつつ、なぜだか寂しくなっていました。
あと数回で、研修科は終わりです。
毎週毎週、作品を書き、講評していただき、議論し、書き直す。その繰り返し。
たったこれだけのことですが、
その毎日がとても充実していて、そして愛おしいなと思うのは、
恐らく、物語を書くことが好きということに加え、
素敵な三人の先生方と生徒仲間の皆さんのおかげです

それが終わってしまうのは、とても、寂しい。
・・・目と鼻から出てくる熱いものは、何も花粉のせいだけではないようです。

少し湿っぽくなってしまい、
また講義の内容とはズレたなんだか恥ずかしい終わり方となってしまいましたが、
ここらへんで締めようと思います。
ご精読いただきありがとうございました。




posted by シナリオ講座 at 15:52| 15年秋 第65期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする