2017年03月24日

3月14日(夜)創作論講義

第67期研修科夜間部の鷲見裕子といいます。
創作論講義のレポートを書かせていただきます。

今回のゲスト講師は、雪室俊一先生

ご存じ「サザエさん」のメインライターとして、現在も毎週執筆されています。
その他にも、数多くの有名人気アニメの脚本を長年手がけられており、
アニメ好きの私としては、とても楽しみにしていた講義であり、
身を乗り出して聞いていました。

先生はとても軽やかにお話をされ、冗談も交えて楽しい時間となりました
もともとアニメをやるつもりではなかった先生は、
漫画家、ちばてつやさんの作品が素晴らしいことに感銘を受けたそうです。
アニメでも実写でも、同じように人間を表現するように考えて脚本を書かれているとおっしゃいました。

サザエさんの中のキャラクターで、先生が考えたキャラクターは何人もいると聞き驚きました。
それは実際にまわりにいる人物をモデルにすると書きやすいとも教えてくださいました。

最近話題になっている「サイコパスの堀川くん」もモデルがいらっしゃるようで、
そのモデルさんの幼いころを想像して堀川くんをつくったら、
そのモデルさんの幼いころを知っている人から、
「確かにあんな性格だったよ!」と教えてもらったというお話に、みんなで驚いて笑ってしまいました

質問にも応じてくださり、私は「毎週毎週、どのようにネタを考えているのか」と質問しました。
すると、驚くことに今でも必ず、原作のサザエさんの4コマを軸に使っているとおっしゃいました。
そのひとつのエピソードから、お話を膨らませていくのだそうです。

帰りには、先生のほうから「飲みに行かないの?」と誘ってくださり、
ちゃっかりサインもいただいて最後まで粘って残っていた私と、
他の科の初対面の生徒のかたたちと飲みに行きました。
先生は飲みの場でも色々教えてくださり、なにかあれば連絡してくださいとまで言ってくださいました

数々の有名人気アニメに携われてきた先生とお会いすることができて、
私はとてもうれしかったです。
今でも、昔の様にアニメがゴールデンタイムにゴロゴロある時代だったらなあ・・・と思うのですが・・・

先生は「とにかくたくさん書くこと」とおっしゃられました。
書くことが習慣になれば、先生のように毎週毎週お話を考えられる脳になれるのでしょうか・・・?

約一年前の春、基礎科から入りまして、まもなく研修科も卒業です
せっかく入ったのだから余すことなく活用させていただこうと、
創作論講義、基礎講座・研修講座ともに、
今回私が一番の出席数だということだけは自負していますが、
これから作品のほうで成果が出せたらと思っています。




posted by シナリオ講座 at 16:33| 16年秋 第67期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

11月29日創作論講義: 池端俊策先生

67期研修科夜間部、二人目の方の高橋です。

ちょうど今、ヒーヒー言いながらプロット脱稿したところで11月29日の授業の話をします。

池端俊策先生をお迎えしての創作論講義「人物のつくりかた」

劈頭、故・野沢尚氏のお話から一気に引き込まれます。
「弟分」の野沢氏は人物よりストーリーから始める人だったが、
池端俊策先生はまず人物ありきで始める、と。
人物からシナリオを起こしていくうえで挙げられたのが
『プルターク英雄伝』 と岩下俊作著 『富島松五郎伝』 (『無法松の一生』の原作ですね)。
かたや古代ギリシア・ローマの英雄たちの、
かたや明治の下男の一代記から読み解くありふれた人物の典型。
人物の面白さを掘り起こす作業はドラマツルギーの根本であると。

先生の最近のお仕事であるNHKドラマ『夏目漱石の妻』のお話は、
まず主演女優尾野真千子さんへの興味から始まったのだそうです。
鏡子夫人の口述による 『漱石の思い出』 に準拠したこのドラマは、
思えば池端脚本、尾野真千子主演の『足尾から来た女』とも重なる展開があります。
余談ですが故・久世光彦氏のお名前が出たとき、ふと思い浮かんだのはTBSドラマ『夏目家の食卓』
筒井ともみ氏の脚本によるこのドラマもまた、 『漱石の思い出』 を参照しています。
筒井脚本との10年目の競作だったのかと、点と点が結ばれる思いでした。

俳優ありきの企画ということで、伝説のTBSドラマ
『昭和四十六年 大久保清の犯罪』のお話も出てきたときは興奮しました。
群馬の連続婦女暴行殺人犯・大久保清の造形を徹底的に調べ上げることで、
主演者ビートたけしと大久保清の共通点を見出していく過程はとてもスリリング
大久保清マニア(笑)の僕としても、うんうんと頷く楽しさもありました。
どさくさ紛れですが当ブログをお読みいただいている方は機会があれば
『日本セックス縦断 東日本篇』 『戦後猟奇犯罪史』も観ていただいて、比較してみてください!
どの大久保清もそれぞれチャーミングで憎めません。

実在の人物に材を取った、もしくは主演俳優のキャラクターに対する興味が創作の源泉である
という力強い言葉の数々に、無からなにかを創造する苦しみに天啓が与えられたような気がします。



posted by シナリオ講座 at 14:53| 16年秋 第67期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする