2016年03月30日

65期基礎科・研修科総括(ケイ)

研修科・夜間部、「ケイ」です。
ご無沙汰しております。

いよいよ昨年4月からの基礎科より始まった講座も今月をもって終わりとなります。

今回はこの一年間の講座を通して様々な講師の先生方から学んだ
脚本家を志す上で肝心なポイントをまとめてみたいと思います。
……と書いてしまうと何ともおこがましいところもありますので
一受講生の覚書程度に目を通して貰えれば幸いです。

まず、脚本を書く上で大切となるのは
いかなる物語も最後まで描き上げる根気と、
書き上げた物語を俯瞰視し、改善を重ねていける
客観性
の二点です。
当たり前のことかもしれませんが、
この二点を理屈としてでなく事実として理解し、
脚本の執筆に臨めるようになったことは、
この講座を通じて自分が得られた大きな財産です。

余談ですが、人間の脳の構造上、見直しの前に書き上げた
原稿を寝かせる期間は4日ほどが理想的だとか……。

また、多くの脚本家の先生方が共通して主張されていたのが
日常生活における観察力情報収集力の重要性。
これらは脚本に留まらず、あらゆる創作を行っていく上で
この上ない武器となります。
普段何気なく乗っている電車の中で行き交う人を眺めるだけで
創作のヒントを得られるようになれば、億劫な移動時間も
有意義な時間に変わっていくに違いありません。

講座はこれにて終わりとなりますが、
ここまでの経験を自分の脚本家としての一里塚とし、
今後とも切磋琢磨していく所存です。

またどこかでお会いしましょう。
願わくばお互いにプロの脚本家として。



posted by シナリオ講座 at 19:13| 15年秋 第65期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

3月9日研修科昼間部講義(K)

 
はじめまして。研修科昼間部のKです。

3月といえば卒業シーズンですね。
私たち研修科も、3月末で修了ということになります。
というわけで、最近の講義では、
皆さん書き上げた2時間ものの脚本をやっと提出されていたり、
今まであまり提出することのなかった方まで作品を出されていたりと、
何かと仕上げの時期に入ってきております。

さて、そんな締めくくりモードに入った去る3月9日は、
三浦有為子先生の講義でした。
講義前、いつも以上にソワソワしている生徒一同・・・。
実は、その日の講義は、一年間(もしくは半年)の総仕上げということで、
プロの俳優さん方をお招きし、私たちが書いた脚本を目の前で演じてもらう、
ワークショップ形式の特別講義だったからなのです!
自分の書いたものを目の前で演じてもらう、なんてことは普段なかなかないことなので、
講義直前だけでなく、もう何週間も前から「一体どんなふうになるんだろう…」と
不安と期待でどきどきしておりました。

そして午後二時。先生と俳優さん方がいらっしゃり、早速ワークショップ開始。
6本あった脚本をすべて読んできていただいた上で、
各作品の1シーンを順に演じていただき、先生、俳優さん方、作者、他の生徒で
「演じていただいた上で発見した矛盾や違和感」などのディスカッションをしました。

率直で稚拙な感想しか出てきませんが・・・面白かった。
 
ここからは私の個人的な感想でしかないのですが、やはり目の前で演じていただくと、
登場人物たちの動きや言葉、感情の流れがとてもよく見えるのです。
ビジネスなんかでよく使う《見える化》 って奴です、たぶん(違う)。

パソコンの画面上に浮かび上がった文字の羅列と、
生身の人間が動いて喋って紡ぎ出すものって全く違うんだなと、肌で感じました。
自分が書いたキャラクターが、俳優さんたちによって息を吹き込まれ、
目の前に立って生きている。心の底からすごいことだなと、そう思いました。

自分の脚本を演じていただいた後、先生から意見を求められて、
何もいいことを言えなかったのですが、正直心がじんじん痺れていて
この気持ちをどう表したらいいのかわからなかったのでした。

その反面、パソコン上では見えていなかった台詞、動き、
感情の流れの違和感や矛盾も発見し、自分の甘さを痛感しました
人から指摘を受ける前に、自分で気づけるようにならないと・・・。
まだまだ、修行あるのみです。

そんなこんなで興奮も冷めやらぬままに講義が終了し、
その後、俳優さん方も交えて懇親会を開きました。
今日の講義のお話から、各自脚本の話、演劇の話、映画の話、
修了したらどうするの?みたいなお話まで、
いろんなことをワイワイガヤガヤおしゃべりしました。
お酒も弾むし、笑いも絶えない。そんな楽しい場となりました。

帰り道、ぼーっと電車に揺られながら、
今日のことを反芻しつつ、なぜだか寂しくなっていました。
あと数回で、研修科は終わりです。
毎週毎週、作品を書き、講評していただき、議論し、書き直す。その繰り返し。
たったこれだけのことですが、
その毎日がとても充実していて、そして愛おしいなと思うのは、
恐らく、物語を書くことが好きということに加え、
素敵な三人の先生方と生徒仲間の皆さんのおかげです

それが終わってしまうのは、とても、寂しい。
・・・目と鼻から出てくる熱いものは、何も花粉のせいだけではないようです。

少し湿っぽくなってしまい、
また講義の内容とはズレたなんだか恥ずかしい終わり方となってしまいましたが、
ここらへんで締めようと思います。
ご精読いただきありがとうございました。




posted by シナリオ講座 at 15:52| 15年秋 第65期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

12月1日創作論講義(最上)

「君もユナイト
こんにちは、シナリオ講座研修科昼間部の最上究です。
今年度は暖冬だと言われていて、何か冬なのに少し暖かったりする日も有る中、
風邪、インフルエンザ、ノロと怖い物に怯えながら
湯たんぽを手放せない季節になりました

さて、そんな12月1日に小林雄次先生をお招きして創作論講義が有りました。
小林雄次先生は私にとって憧れの先生の一人です。
何しろ、あの『ウルトラ』シリーズに関わっていらっしゃるのですから!
蛇足になるかもしれないですが、私最上は特撮が大好きで、
円谷プロとか、東映とか、角川とか、東宝とか、会社はバラバラながらも
漁るようにビデオ屋に借りに行って観ています。
 
特に、敬称略ですが、『ウルトラ』ですと上原正三、金城哲夫、市川森一、
新しい所だと川崎郷太、太田愛、長谷川圭一なんかが好きなんです
 
そのある意味憧れの存在である小林雄次先生に、お昼からべったりでした。
お昼の部は10年間脚本家を続けられた理由という講題を頂きました。
ちょっと用事と重なって、途中参加になったのですが、参考になる意見が沢山聞けました。
特に面白かったのは「タグを増やす」という考え方です。
自分にタグをつけて行くのです。
『ウルトラ』のライター、『プリキュア』のライター、だとか、
恐怖物のライター、青春物のライター、みたいな感じですかね。
そのタグが、別の種類の作品を書く際に凄い強い味方になるのだそうです。
タグが増えれば別のタグで役に立つとも仰られおりました。
参考になりますね

他にも、自分の得意なジャンルと苦手なジャンルを見付けて行く事も重要との事でした。
これは最上の自分自身の課題ですね。
ちょっと胸にダメージが(笑)

その後、夜の部まで先生と講座生何名かでお茶をしました。
元々雄次先生とは、夏の公開講座でお会いしていたのですが、
またコアな話を聞かせて頂きました。
丁度12月1日は、我らが研修科昼間部の専任講師である
三浦有為子先生が脚本を書かれた「ウルトラマンX『共に生きる』」の放送日だったので、
その話を結構しましたね。
お話の中で、脚本家として続けて行くには
脚本を書く事が楽しくないといけないとも先生が熱弁されていました。
自分が楽しく無い脚本からは良い作品は生まれないとの事です。
 
その後夜の部 「『ウルトラマンX』の脚本ができるまでも参加しました。
こちらはお昼の部よりも、もっと一つの作品にスポットを当てたお話でした。
『X』が、この最近の大河ドラマ的な『ウルトラマン』(私が大好きな『ネクサス』とか)から、
元々シリーズが持っていたオムニバス形式の作品への原点回帰が見られたとの事です。
『X』は確かにそうだな、と思いました。
凄いふざけた話も有れば、シリアスな回も有る。
そして連続物では無い事から、最近有りがちな、
「途中から見ると分からない」特撮では無い事が、狙って作られていたと知りました。
また、『X』がバディ物であり、同時にウルトラマンと主人公大空大地が
お互いに補完し合っているという設定も面白かったです
 
後半は、内田裕基さんもお話に加わって、現場の様子を詳しく聞けました。
その後、矢張りここで別れては勿体無いと、また有志を募って飲みに行きました。
とっても貴重な時間でした。
また是非、雄次先生のお話が聞ければ良いなと思いました。
と、言うより、雄次先生と一緒に仕事がしたいです!
その為に、腕を磨きまくります!
頑張れ私!
今すぐ、ユナイトだ!

お粗末ながら、報告とさせて頂きます。
ご精読有難うございました



posted by シナリオ講座 at 18:13| 15年秋 第65期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする