2008年09月24日

9月24日 研修科夜間部 (宮木宏之)

研修科は 今回で3回目の受講になる、正直な処、自分にとって「2度あることは、3度ある」になるか、「3度目の正直」になるかが、とっても不安で柏原先生から、「来れば」と誘われて、正直、声を掛けて戴き、うれしかったが受講するか、迷いに迷った。
それを、ふっきらせてくれたのは、50期の仲間のひとりだった。
「来ればいいじゃあ、ないですか、何迷う必要があるんですか?」
その、彼の一言に後押しされ、受講することにした。

正に、「3度目の正直」だった、「一期一会」と言う、とっても大好きな言葉がある。
50と言う丁度キリのいい数字もだが、正に、自分にとっての素晴らしい出会いがあった、共に勉強する仲間、そして、師3人との。

たった半年で提出されたプロット、シナリオの数は今までで、イチバン多いとか。。。
そして、3人の師、大野先生、柏原先生、村橋先生のそれぞれのキャラと持ち味溢れる講義、合評での指導は、われわれの血となり、肉となっていった―もちろん、まだ、なっていない途上のヒト(自分が筆頭)も、いることはいるが―し、今、思い返すと、講義より、「やる気茶屋」でのフリー・トークがとっても有意義かつ楽しいヒトトキだったと言っても、決して過言ではないだろう。

それぞれに個性が強すぎて、中々まとまらない我々受講生たちだったが、すこしずつ、一歩ずつ、お互いを判り合えるようになっていった。
特に、柏原先生の八ヶ岳合宿では、同じ屋根の下ですごしたと言うことがどんなに、お互いの人間性を理解し合う、((格好の場))になったことか。。。

9/27の修了式で、こんなステキな仲間と3人の師たちに、水曜に会えなくなると言う一抹の淋しさはあるが、また、違った形ですぐに会えるような気がしてならない。

シナリオ・ライターになると言うゴールは、果てしなく遠く、まだまだ先にあるのかも知れない、でも、今年中に、ゴール・インする仲間が出るような気、と言うかいい意味での胸騒ぎがしてならない。

とにかく、一歩一歩着実にゴール目指して、進んで行こうではありませんか!!
『継続は チカラなり」の言葉を信じて・・・。

大野先生、柏原先生、村橋先生、本当にありがとうございました。
そして、一緒に頑張った講座生のみなさん お疲れ様でした。
  
でも、これからが、本当に 大変なのですから、皆でスクラム組んでガンバッテイキマッショイ!!!

50期研修科・夜の最年長者に書かせて戴く機会を作ってくれた、事務局の久松さんに感謝しつつ、ペンを置きます。ありがと。
そして、大好きな言葉 で、「ごきげんよう」。


宮木宏之(第50期研修科夜間部)
46期研修科、49期研修科を経て、今年4月から再度研修科を受講。
赤木圭一郎を崇拝している、西川きよし似の5×歳。


posted by シナリオ講座 at 15:53| 08年春 第50期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

9月17日 研修科夜間部 (坂本武士)

ついに自分の番が回ってきてしまった。
死刑台の十三階段を眼前にしたような心境だ。

私は大学を出て以来、ライターの仕事で細々と食ってきた。
にもかかわらず筆無精で、ブログを書くのは特に苦手だ。

一応「プロ」のライターなのでつまんないことを書くわけにはいかない。
でも世界の毎日が「面白いコト」で出来ているわけでもない。
身の回りの世界がハッピーだったらシナリオなんて書かなくていいわけである。

17日、「被告席」に座らされたのは私と恩田さん、足立さんだった。
私は大野先生に、自分のを先にちゃっちゃと済ませて、恩田さん、足立さんのふたりに時間を取ってもらえないかと提起し、事実そうなった。

我ながらヒドいプロットを出したものである。
自分で言うのもなんなのだが、私は今までの経験もあってシナリオは「書ける(面白いかどうかは別)」のだけど、プロットが書けない。恥ずかしいし、ふたりに悪いし、大野先生にも失礼だなと思ったので、軽く触れてもらえればいいやと思ってそうした。で、数少ない時間の中で嵐のような批判に晒されて被告席を後にした。

でも不思議と腹も立たないし、がっかりもしない。
今でも克明に覚えている大野先生の「箸にも棒にもかからない。以上戻ってよし」
との講評はさすがにヘコんだのだけど、大野先生の温かみ(熱湯?)が伝わってきた半年間だった。

自分のことばっかり書いてても面白くないと思うので、足立さん、恩田さんの話をしよう。

ふたりはスゴい。

何がスゴいって、プロットの段階であれだけメッタ斬りにされた物語をちゃんとハコにして、シナリオにして、その上でリライトもちゃんと提出してくる。
しかも治すたびに面白くなる。私にはできない。

で、面白くなってるにも関わらず、大野先生の舌鋒は鋭く、ふたりはそれをメモって真正面から刃を受け止めていた。私にはできない。

今期50期の象徴のようなシチュエーションである。他の皆さんもそうだけど、とんでもない量のシナリオとハコとプロットが提出され、講評され、あるものは迷走し、あるものは進化を遂げた。
他の基礎科や研修昼の方々には申し訳ないんだけど、間違いなく50期研修夜は最高のクラスだ。先生がいい。生徒も個性あふれる人材が集まった。同じメンバーなら延長料金を払ってでもここにいたい。
思えばあっという間に過ぎ去った楽しい半年だった。

そうそう、付け加えなくてはいけないコトがある。
大野先生が全員にタイ焼きを振る舞ってくれた。
恒例行事なのだそうだが、しっぽまであんこが詰まった名店のタイ焼きはとても美味しかった。
大野先生、ありがとうございました。


蛇足でもう1エピソードを付け加える。
私はミリタリーマニアで、BB弾を装填したエアガンをたいてい携帯している。
護身用、というわけではないが、いつの日か「敵」に襲われたときにポケットから取り出してバンバン反撃する様を妄想して悦に至ってるのだ。

で、大野先生にエアガンを見せたら「お前とは付き合わん」みたいなことを言って先生は顔をしかめた。
が、講義の途中で、私は自分に遺産が転がり込んだことを話した。
大野先生は「トモダチになろう。無二の親友になろう」とにっこり笑った。



坂本武士 (第50期研修科夜間部)
一昨年、47期研修科昼間部で、下飯坂菊馬さん、
林誠人さん、長津晴子さんにシナリオを教わる。
今回、2回目の研修科受講。


posted by シナリオ講座 at 15:54| 08年春 第50期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

9月10日 研修科昼間部 (石田宗久)

こんにちは、研修科昼間部の石田宗久です。
何といっても、本日は、荒井晴彦先生の最後の授業。
提出作品は三作品でした。

私の場合、6月に出した作品の講評から3カ月。
(この間、怠惰な性格で何も手が付けられなかった。
焦ったのは、今回の作品提出の数週間前…)
前回の講評から、家族の設定と主人公の職業(フリマ)を生かして、他の登場人物を増やし、キャラクターを作り変えました。
とりあえず、120のシーン(小箱)を書き提出。

まず、先生から「これ、コンクールだすの?」と聞かれ、「…だしたいと」答えました(汗)。

それから、怒涛のような講評が続きました。

まず、ファーストシーン「つかみはこれじゃだめ!36シーンから(離婚した夫婦が滑稽にからむ)…元女房の仕事何?…じゃ、絵にしないと、最初のうちに見せないとわからない…途中の主人公のナレーションいるの?今の回想じゃ強引…説明セリフ多い…じゃ、回想は最初のほうに数シーン使って、説明がはぶける…板つき説明多いんだよね。ここの板つきダブルから、間に違うシーン入れて…この女の根本の設定変えないと…これじゃ6,70年代女だよ…ラストシーンは、この女と出ていくんじゃなく、もう一度結婚をやり直す…そこから逆算して書き直す。娘がやっぱり薄いもっと考えて…など、など」

荒井先生の講評は、的確かつ具体的で、登場人物の深部まで洗い出される。
書き手の無能さがさらけだされた。(ああ、だめだよな俺は…)
でも、先生の言葉の端々には、シナリオへの厳しさや愛情を感じた。
もっと、考えて、ちゃんと書けよ!と…

一時間を超える講評で、メモに取り、先生の質問にしどろもどろに答え、思考回路は停止寸前でした。(今、読み返すメモは、何が書いてあるかわからないほど混乱していました。)

とにかく、最終日までに直して提出したい。

講座終了後、先に受講生だけで、新宿二丁目「bura」に(先週に引き続き、開店時間を早めてもらって、感謝します。)

まずは、ビールを飲み(講座終了後はほんとうにうまい!)その後、談笑。
映画、シナリオや趣味の話など。こんな時間が、いちばん楽しい。
その後、所用を終えた、荒井先生と講座の先輩の中野太さんが参加。
話はさらに盛り上がる。
数人が輪になって、最近観た映画についての感想や批判?
授業以外での受講生の個性が浮き彫りにされる。
(こいつ、こんなやつだったの?)
その後、研修科講師の井上正子先生と数人が合流。
女性同士で席を変え、談笑。
店は、シナリオ講座、貸切状態に…

時刻は、十時を過ぎ、一人二人と抜けていく。
最後に、数人が残り(終電がない)、「bura」から荒井先生、行きつけのゴールデン街の店に…
始発が動き出すまで、付き合っていただきました。



石田宗久(第50期研修科昼間部)
一昨年秋から現在にかけて、継続して講座を受講。
その間、吉本昌弘さんや神波史男さん等からシナリオを学ぶ。



posted by シナリオ講座 at 15:56| 08年春 第50期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

9月3日 研修科昼間部 (武藤真弓)

こんにちは。
研修科昼間部を受講中の武藤真弓です。
9月頭に、自分で企画をしている舞台の公演があり、その準備でここ2週間の授業を休んでいました。
(井上先生の最後の授業も逃してしまいました。。)
夏休みも挟んで、久しぶりに受ける授業の担当講師は荒井先生、そして講評していただくシナリオ(ハコ書き)は私が提出したものだけ!(他の方の提出作品がない)という過酷な、しかし喜ぶべきなんとも贅沢な、でも過酷な状況でした。

授業では、はじめて他の受講生の方にご意見や、ご指摘をもらい、やはり自分では捉えられない問題点があることが分かりました。人に読んでもらうのって、恥ずかしいし、変に意地を張ってしまったりで、なかなかできなかったのですが、もうそんなことを言ってられるような状況でもないんです。
せっかく春から、恥をさらしながら少しずつつくってきた作品をなんとか形にしたい。
でも、焦ってもしょうがない、という。

荒井先生には、私が「年齢の割に少女だ」と言われましたが、多分、本当にその通りで、提出しているハコ書きから、私という人間をズバリ見抜かれていました。(本当にその前々日、友人から「ほんとに乙女だよね」と言われたばかりだったんです。もちろん自慢でもなんでもなく、むしろ客観的にみて気持悪いと思うんですけれど、もうそれが自分だと開き直ってもいます。)
人間性や、思想、人生に対する態度、……、などなど、シナリオがいかにその作家自身を反映するものなのか、それが分かるとなおさら恥ずかしくなります。
でも、そんなこといってたら始まらない、恥をさらしてなんぼなんだ!と自分に言い聞かせています。

私が取り組んでいる作品は、ある演劇集団への興味、愛情から(その集団の舞台作品を背景にするかたちで)書き始めたのですが、もういい加減、そこからは離れて、今さらながら、自分独自の世界をゼロから構築しなければならないようです。荒井先生からいただいた大きな枠組み、ヒントを元に、もう一度、根本から練り直しです。

登場人物の行動に、説得力を持たせられるかどうか、を常に確認しながらの作業です。


posted by シナリオ講座 at 16:00| 08年春 第50期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

8月27日 研修科昼間部 (森雄高)

さて、私が井上正子先生の授業にプロットを出した時の事を申しますと、
小心者の私は10分くらい
「今日、講座に出るのをやめようか」
と迷いながら、何故か一時間前に赤坂に着いてしまい、
手持ち無沙汰なので誰もいない教室をウロウロします。
ポツポツと知り合いが来はじめましたら、
平静を装って当たり障りの無い会話で
さも今日の事は気にしていない振りをします。


授業が始まり、井上先生の素敵な笑顔に促されて作品の意図を説明するところから、
当初の目論見が外れしどろもどろになります。
井上先生の鋭い突っ込みが入り、私の頭の中は真っ白になり
「なぜそんな事も考えてなかったんだ〜」
と、自己嫌悪に陥ります。

続いて、クラスメートの発言があり、
またしても自分の思ってもみない、
否、考えていなかった欠陥を指摘され、
汗ダラダラの支離滅裂な答えをする自己の姿に
穴があったら入りたくなります。

授業が進むにつれてダンダン小さくなっていく私は、
時折時計を盗み見て、時間があまりに過ぎるのが遅い時を恨みます。

最後になって、
井上先生の優しいフォローもあり、
もう捨ててしまおうと思っていた自分の作品にも
僅かな光が見えて授業が終わります。


シナリオ教室では、
自分の作品が厳しく批評されますが、
それは偏に自分の作品が不完全だからなのです。
いい年になってこんな事しか書けないのかと落ち込みますが、
考えてみれば、友人・親・恋人などに見てもらっても
口当たりのいい事しか言ってもらえません。
自分の形になってないような物をシナリオとして人様にお見せするには、
他人の、そしてプロの目が必要なのです(少なくとも私には)。

大人になって素直な意見を聴く機会は意外に少なく、
この教室の存在は貴重です。
自分の中でモヤモヤしているものがあるのなら
教室に来るのも一考かと思われます、また結構厳しいですが。



森雄高(第50期研修科昼間部)
大阪府出身。書店勤務。
去年1年間、49期基礎科・研修科を受講するが、
講師陣に惹かれて、今年も研修科を再受講する。


posted by シナリオ講座 at 16:02| 08年春 第50期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする