2009年10月16日

10月15日 基礎科夜間部(酒匂彩子)

先週は台風のため休講となってしまったため、今日がいよいよ「基礎講座」第一回目!
期待と緊張が入り混じる中、気合を入れて?一番前の席で講義を受けました。

今日の講師は掛札昌弘先生です。

まずはシナリオについてのお話でした。
「シナリオには文法がある。」という言葉がとても印象に残りました。
シナリオには時間の制約もあるし、技術が必要との事でした。
あの、タランティーノも最初は、基礎から始めたとの事。
正直、私は今まではシナリオには「発想」とか「アイデア」とかが必要だと思っていたけれど、今日の話を聞いたらまずは「基礎」や「技術」を身につけなければいけないと実感しました。
そのためにも、この「基礎講座」でしっかり勉強しようと改めて思いました!

次は「シナリオは4つのパートに分かれる」というお話でした。
4つとは「起・承・展・結」…。
え? 起承「展」結? 起承「転」結じゃないの?
(この話は後ほど…)
とにかく、「起承展結」について学び、各自、映画『クレイマー・クレイマー』のプロットを読んで、パート分けする事になりました。
『クレイマー・クレイマー』、名作だという事は知っていましたが観た事もなく、内容も知らなかったのですが、プロットを読んでみたら、とても魅かれて、すぐにでも観たくなってしまいました!
(それだけ、このプロットは素晴らしいものなんだと実感…。)
そして、3名程どこでパート分けしたかを発表し、その後、先生が正解を発表しました。
正解者は一人もいなかったし、個人的には、思っていたより「展」が長かったです。
「展」はここまでに積み重なって来たことが、ピークに達し、ドラマが一番、盛り上がって行くところなのです。
そして、講義後の先生との飲み会で判明したのが、先生いわく「起承展結の“展”」は「展開の“展”」とを意味しているとの事でした。
そうか、「物語を転じる・転換する」のでなく、「物語を展開する」という事なのか!
なるほど…。

最後は映画『嘆きのテレーズ』を観て、実際にプロットを書きました。
聞いた事も、見た事もない映画でしたが、昔ながらのフィルムの世界観とストーリー展開にはまってしまい、途中までしか観れませんでしたが、最後まで観たくなってしまう作品でした。
そして、周りからは、次々とペンの音が聞こえてきたのですが、私はしばらくの間一文字も書けませんでした…。
今日、全員提出しなければいけないという事だったので、なんとか、ストーリーを思い出ながら書いてはみたものの、自分の文才の無さに情けなくなりました。
再来週の講義で、良かった人のプロットを配ったり、映画の続きを観るとの事なので、その機会に勉強させてもらおうと思います。
また、先生からは「映画のパンフレットを読むといい」というアドバイスを頂いたので、実行、もっと上手に書けるようになりたいと思いました。

講義終了後、先生と有志生徒で飲みに行くという事なので参加しました。
飲み会では、先生と直接お話ができ、講義の事やそれ以外の事も色々と聞く事ができました。
とても貴重な時間が過ごせたし、先生との距離も近く感じました。
そういう事ができるのはこの「シナリオ講座」の魅力です。
入学前は迷ったり、悩んだりしたけど、この講座に入学して良かったと思いました。
初心を忘れずに、最後まで頑張りたいと思います!!

酒匂彩子(第54期基礎科夜間部)
TVドラマ大好き人間。
いつか、恋愛ドラマが書きたい…。


posted by シナリオ講座 at 14:31| 09年秋 第54期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

10月15日 基礎科昼間部(蛭間鉄平)

まだまだ新しい環境に慣れないというか、いろんな事に手探りの状態の僕です。


今日は森岡先生の初講義でした。
その事について僕が今日は書かせていただきます。

本日はまず、森岡先生が脚本を書かれた『ツレがうつになりまして』の第一話を見ました。
感想を一言で述べるなら、「原田泰造かっこえぇわ」です。
彼の演技力に引き込まれました。
その『ツレがうつになりまして』を見た上で……
なんと、
先生が実際に使用した脚本を僕達に配布してくれました。
出来上がった作品とそれを比較して、どのようにドラマが出来ていくのか、を学びました。
原作付き作品は、その原作や原作者をリスペクトするのが当然大切であるということを実例をもとに話していただきました。
たとえば今回であれば、イグアナが原作者さんにとっていかに重要であるかとか……

そしてこの様に、実際に現場で使った脚本を元に書いた人から直接学べるということがこの講座の最大の売りで、それこそがその他の専門学校との違いなんだぞ!?と
さりげなく、このシナリオ講座のCMが入ったりしたのですが……(w)
まさにその通りだと思います。
実際に使っている物を直に見せられると、とても説得力があります。
その後、僕らが宿題で書いてきたシナリオを元にどう書くのかを学んだわけです。
言葉で説明されるよりも断然わかりやすいですね。
書いてきたものをこことここを直せ、って言われるわけですから。

さて、本日の流れはこんな感じでしたがそれ以外に話の中で僕の印象に残ったものを書こうと思います。

まず、シナリオを書く時に“金にする意識”を持っておくのと持たないのとでは違う、ということ。
映画やドラマにしたいという気持ち、人の椅子を奪うつもりで書け!とその気迫が大事だという話です。

次に、句読点は呼吸である。書いたら声に出して読んでみる、と。
書いたものを読んでみれば、たしかに自然なセリフかそうでないかがマルわかりですよね。

最後は「脚本は役者へのラブレター」です。
どんな意味が込められているかは、受けた人だけの秘密です。(w)
でもなんとなく分りますよね?
この言葉はちょっと名台詞かもしれない……と僕は思いました。


いつかこんなことを言って、誰かに感銘を与えさせてみたいものです(w)


蛭間鉄平(第54期基礎科昼間部)
2009年4月、第53期基礎科受講。
2009年10月、第54期基礎科再受講。


posted by シナリオ講座 at 14:31| 09年秋 第54期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする