2010年08月08日

人物造形(基礎科昼間部)

こんにちは、はじめまして。増田です。

7/29に小松先生を囲んで暑気払いの宴が催されたり。
興味深い創作論講義のレポートなど。
いろいろ書きたいこともあったのですが。

こちらのブログ、
「何を書いてもいいです!もう、私物化しちゃってもいいですよ♪」
と、とてもフランクなお誘いを受けておりますので、真に受けて。
シナリオ作成に関する、個人的な最新の出来事を綴ります。


わたくし先日、小松先生からプロットのOKを頂きました。
(諸々の注意やアドバイスも頂きましたが)
ですので早速、シナリオの第1稿に着手しました。

ところが。
書き始めてみると、すぐに筆が止まるんです。
気が散っているとか、甘いものを食べているとかではなく。

わからなくて……。

自分の作ったキャラクターが……。

おや?
このサブキャラはどんな言葉で話すんだ?

わからない……。

こうかな? こんなかんじかな? と、何パターンか出してみる。
と、どれもが有りと言えば有り、無しと言えば無し。

ってことは無しってことですよね……。

ダメだ……キャラが決まってない。
自分の中でまだ迷ってる……。

とりあえず途方に暮れてみます。

プロットを書き直しながら、このサブキャラとだってずいぶん対話して。
こんな感じの人って決めたつもりだったのに。
実際はまだおぼろげなところが多々あって…。

「感じ」だったり「つもり」だったりしている時点でダメなんですよね…。

早くも煮詰まったので、もう一度、登場人物の見直しを。

諸先生方が仰っていましたね。
人物の履歴書を作るといいですよ。と。

作ろう、履歴書。
先ずは手慣らしに、一番良く知っている主人公君からやろう。
キャラがブレないようにとイメージしている俳優もいることだしね!

履歴書と考えると堅苦しいので。
とりあえず主人公(男)になったつもりで。
彼の目線で彼の感情をまじえつつ、彼の今までの人生を語ってみることに。
要は彼が書いた作文、みたいな気持ちで。

俺が何歳ぐらいの時にこんな事があった。
父ちゃんはこんなで、母ちゃんはこんなで。
小学校の時はこんな遊びしてて。クラスでの俺はこんな感じだった。
好きな○○は○○で。
サブキャラとはいつ頃出会って、最初は根暗なヤツだと思った。

みたいなことを、シナリオに書かない過去からシナリオのラストまで。

驚きです。
書き終えてみたら、イメージしていた俳優が別の俳優になっていました。
私、主人公のこと、知ってるつもりでたいして知らなかったんだ。
人違いまでしてたなんて。まったくお笑いです。

でもお陰で、プロットではシーン毎にブツ切れになっていた主人公の気持ちが、一本に繋がったみたいです。そんな気がします。
その上、サブキャラの人となりも明確になりました。
そうでしたか。
そういうタイプの人だったんですか……初めまして、ヨロシク。


本当は、こういう作業はもっと早い段階でしておくべきなのでは……?
と思いましたが。
もう来るところまで来てしまったので、胸のうちにしまっておきます。
ゴメンナサイ、ゴメンナサイ。

どうにか、本書きに入れそうです。
がんばります。ひーひーふー。

55期基礎科昼間部 増田明美


posted by シナリオ講座 at 17:54| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

自分と向き合うこと(基礎科昼間部)

どーもこんにちは。小谷です。
投稿がなんやかんやで遅くなってしまいすみません。

実作指導に入って1ヶ月以上経ち、
皆さん試行錯誤していることと思います。
プロットを書き、先生のOKが出たらシナリオを書くという流れですが、
なかなかシナリオまで辿り着くのが難しいです。

私は先日プロットの指導を受け、いろいろ考えさせられました。
先生を始め、生徒の方たちの意見を伺い、
自分には見えていなかったことが見えました。
1番大きかったのは、
登場人物を他人だと思って書いていたつもりが、意見や質問に答えていく中で「この主人公は自分自身だ」と気付いたことです。
無意識の内に今まで自分の中で消化できいない気持ちや問題意識が登場人物を介して語られていることに気付いたのです。

当然シナリオを書く人は意図的にそうやって書くのでしょうが、私は完全に今回それを意識していなかったのです。
登場人物(特に主人公)は自分の中から生まれてくるのだから、
自分に似るのは当然かもしれませんね。

しかしそれに気付くと「この登場人物は何でこうしたの」「甘いんじゃないの」「理解できない」という意見があると、それはそのまま自分自身に言われているような気がしてきます(皆さんは作品の人物に対して言ってくれているのですが)。
そうすると「自分は何がしたいのか」「何が言いたいのか。本当に言うべきことがあるのか」「そもそも自分が人様に何かを発信したいなんて驕りではないのか」と負のループにはまっていきます。
正直、自分の中は突き詰めていくと空っぽな気がして
授業の後、「私は誰、ここはどこ」状態になりました。

シナリオを書くということは恐いことだと思います。
自分を丸裸にして、「これが自分だ」と世の中に偉そうに(人によってはおずおずと)意思表示するわけですから。
しかも登場人物を通して、自分の知らない自分、知りたくなかった自分にも向き合わないといけません。
自分というものをしっかり持っていないと、シナリオに食い殺されてしまいかねないと思います。

それでも書きたいと思うってことは、何か言いたいんだと思います。
それが見つからない限りはいいシナリオは書けないのかもしれなせんが。
でも「自分とは、人生とは」ということを完璧にわかっている人は
なかなかいないと思うし、そんな完璧な人が訓示するようなシナリオが
面白いとは思わないし・・・
だから訳がわからなくなりながらも、皆試行錯誤して書くんだと思います。
私もそうやってこれからも書いていくんだと思います。
登場人物に負けないように頑張ります。

私のプロット同様まとまりがない文章ですみません。
完全にぼやきになってしまいました。
とにかく、良いシナリオが完成できるように切磋琢磨しながら
皆さんと一緒に頑張っていきたいと思っているので
これからも宜しくお願いします!

小谷 香織


posted by シナリオ講座 at 17:54| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

6/24(木)(基礎科夜間部)

6/24(木)

はじめまして。

田口敬太と申します。


ブログ委員というものになったものの、何も書かないままひと月が立ってしまいました。

これではだめだ。

これからは、時間があるときには、なるべく更新していこうと思います。

宜しくお願いします。


今日は、那須先生の講義でした。


前半は、10分〜15分程度の短編作品の講評。

この講座の一番最初の講義で出された課題。テーマは別れ。

僕は今まで2回直して、今回、最終的な講評を頂いたのですが、

今まで、一貫して『テーマがよくわからない」と言われてきて、自分なりに考えてきましたが、やはり、まだよくわからない。

物語のテーマは何か。物語で何を言いたいのか。何を伝えたいのか。

まだよくわからない。あることにはあるのだろうが、ちゃんと言葉にならない。


自分なりに考えてみたところ、

今の自分は、ただ映画が作りたくて書いているというのが正直な気持ちです。

脚本を書く動機として、作品を通して何かを伝えたいということではなく、ただ作りたいということで書いている。

それだけでは、だめなんだということを、わかってはいても……

とりあえず、今回の短編は自分で撮って作品にしてみました。

実際に作品にしてみて、脚本として足りなかったこと、今日の講義で先生が言っていたことが、よく理解できました。

これから長編を書くときの課題になりそうです。



後半は、グループごとに出された課題をもとに、

「アクションとは何か」

ということについて考える時間でした(自分なりの解釈なので、間違っていることもあります)


アクションとは何か

拳銃でドンパチ、刀で切り合う、素手で殴り合う、カーチェイス、セックス

あらゆるアクションが行動である。

行動がなければアクションにならない。

アクションとは、行動して、衝突すること。

映像は、映画は、アクションを映すものであるから、アクションを作るうえでは、そのアクションをどう表現するかが一番、重要になってくる。

しかし、その行動が起こる、きっかけ、動機、理由も、アクションにはなくてはならない要素である。(これは、アクションに限らず、全てのジャンルに通じることであると思いますが)

神々と人間の戦い、楽しみです。

田口敬太


posted by シナリオ講座 at 18:13| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

どーも。(基礎科昼間部)

ブログ担当3番手、谷英明と申します。

プロのシナリオライターを目指して入学された同期の方々に比べれば、私は不純な動機で入学してしまいました。おそらく2ヶ月前の私と同じように、一歩踏み出そうかと迷いながら、今このブログを読んでいる方々は少なくないと思います。実際私もそうでした。

安心して下さい。踏み出して見て下さい。それだけの価値は十分にあります。

私は決して学校の回し者ではありません。


6月8日の創作論講義は、サトウトシキ監督による「ピンク映画の創り方」である。いろいろな意味で刺激的な2時間であった。

授業も終わりに差し掛かった時、先生が私達に質問をした。

「SEXシーンを描くとします。あなたならそのSEXシーンの前にどのようなシーンを描きますか」

今まで考えたこともない発想だったので、私は先生に指されないようにと、この世の終わりのような表情をつくって下を向いていた。
その甲斐あって指されることなく無事授業は終わったが、なにか心に引っかかるものがあった。



向田邦子の数ある名作の中に、こんな話がある。

夫も子供もいる女がある男と出会う。男は末期癌の画家である。安定した生活だが、どこか刺激を求めていた女は男に惹かれていく。
やがて女は夢から覚めるように男と別れ、夫の元へ帰っていく。

ほんの3日間の出来事である。

読み終わってもどこか腑に落ちなかった。確かに女は男に惹かれ、男も女に惹かれ、不倫は成立した。そう感じた。
ただそのきっかけとなる明確なシーンや、台詞のやり取りがあったであろうか。思い出せない。それどころか結局二人はキスもSEXもしなかったはずだ。にも関らず妙に生々しさを感じた。

なぜ自分がそう感じたのかを確かめたくて始めから読み返した。愕然とした。やはり明確なシーンはない。ただこんなト書きがあった。

ト書き直前の流れは、ひょんな事で男は病院に行くことになり、女は付いていく事になる。女は診察が終わるのを廊下で待っている。
(因みにこの時、女と男は出会ってほんの2・3時間である)

●病院 廊下
待っている女
持っている男の上着に絵の具がついている。
こすってみる。
自分の絆創膏をはがし、汚れをこする。
衿の匂いを嗅ぐ。
バックから時計を出す。
革のベルトの匂いを嗅ぐ。 
(この時計は男が直前まで身に付けていた物である)


このト書きだけで、私はその女の性欲を感じ、勝手に不倫を成立させてしまったのである。
どうしたらこんなト書きを思いつくのかと、その時はただただ愕然とするのみだったが、今回先生から色々とお話を伺って、すこし分かった気がする。

野暮なシーンを創らなくても不倫は成立させられるのである。そのきっかけとなる何かを、その前にちゃんと描けてさえいれば。

もしあの教室に向田邦子がいたなら、先生の質問に臆することなく、自ら手を上げて、堂々とこのト書きを回答としてぶつけたであろう。

いきなりSEXと言う言語が飛び出したため、柄にもなくあたふたしてしまた。今思えば「ピンク映画の創り方」と銘打って講演にいらっしゃっているのだから、そのくらいの言語は飛び出して当然である。

創り手の思考回路になるまではまだまだ程遠い。
大切な視点が抜けていた。

自分が創り上げようとしている人物に問いかけてみる。

おまえは童貞か?処女か?
初体験いくつの時か?相手は年下か?同級生か?年上か?
最近SEXしたのは?
好きな体位は?
欲求不満か?満たされているか?
最近見たエッチな夢は?
性癖は?
興奮するシチュエーションは?


いつかあんなト書きが書けるようになるかも知れない。なりたい。

そんな6月8日でした。


どうしても引っ掛かりが取れなかった私は、授業終わりに先生にアタックした。入学以来初めてだった。
先生は私の拙い質問に丁寧に答えて下さいました。気がつけば30分をとうに越していた。

この場をお借りしまして、サトウトシキ先生ありがとうございました。


posted by シナリオ講座 at 17:53| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

小松先生とお茶☆(基礎科昼間部)

こんにちは。ブログ担当、二番手のサイトウです。

さて、ご報告が遅くなりましたが、
先週の木曜日は念願の小松與志子先生とのお茶会でした。
場所は教室の近くのカフェ。

じつはとっても小松先生とお話するのを楽しみにしていたワタシ。

それは先生がかねてから
「子育てが一段落してからシナリオの勉強を始められた」
というお話を耳にしていたから…。


家庭をおもちになりながら主婦業もしつつ、
プロになられた小松先生のシナリオを書くきっかけや動機、
そして先生がどんな方法で勉強を続けられてデビューされたのか、
生徒としてはもちろん、同性としてとても興味があったのです。

小松先生は主婦として家事をやりながら
基礎科と研修科で学ばれたあとも、
ずっと有志で集まりシナリオを何本も書き続け、
お互いに持ち寄って意見を言い合っていたこと。
また、お子様にも読んでもらい、
家族にも協力してもらっていたことなどなど…。

シナリオを書き続けるためにより良い環境や、
モチベーションの保ち方を具体的に
先生の場合をいつもの明るい口調で楽しく話してくださり、
モヤモヤしていたわたしにとってはとても励みになりました☆

また、このお茶会に参加されたみなさんの志望動機も
ひとりづつ話すことになり伺えたのですが、
「“シナリオ”を書きたい」
という同じ気持ちにたどり着くまでの経緯が
みなさん様々で、こちらもとても興味深かったです。

結局、時間が過ぎるのは早いもので、
二時間近くあっという間に過ぎた小松先生とのお茶会でした。

またあるといいな…。

担当:サイトウ(第55期基礎科昼間部)


posted by シナリオ講座 at 17:52| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする