2010年12月31日

12月22日 塩田先生の講義(研修科夜間部)

22日の講義は塩田先生の講義でした。

飲み会の場で塩田先生から
とても勇気づけられる話を聞くことができたので、
そのお話について書きたいと思います。

「脚本家は壁に当たって当たり前。苦しくて当たり前。
 この時期、壁に当たる受講生は多いけれども、
 それは、シナリオが書けるようになってきた証拠なの。
 むしろ、シナリオが書けるようになればなるほど、
 壁は大きくなるの。
 だから、シナリオで悩むことは決して悪いことじゃない」

くぅ……すみません、僕自身少し酔っていたため、
あまり正確には覚えていないかもしれませんが、

 大きな壁に当たること(悩むこと)は、
 シナリオが書けるようになってきた証拠

というお話でした。

……たしかに。

壁に当たることは多いけれども、
今もまだ毎週7本や8本シナリオが出続けているので、
皆苦しい中でもシナリオを書いていっているのだと思います。

壁にぶつかることはありますが、
僕もシナリオを提出し続けようと思います。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:24| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

12月15日那須先生の講義(研修科夜間部)

15日の講義は那須先生の講義でした。

那須先生の講義では
いつも人物設定の大切さを実感します。

この人物はどういった人物なのか?
この人物は何について悩んでいるのか?
この人物の得意なものは何なのか?

シナリオを書く際に、
きちんと人物を掘り下げて考えていないと
上に挙げたような質問に答えられず、
また、これらの質問に答えられないと
シナリオもどこか不自然さの残るシナリオに
なってしまうのだと思いました。

僕の書いたシナリオはいつもどこか人物が嘘っぽいな、
と感じていたのですが、その原因は、
人物についてきちんと描ききれていないからなのかもしれません。

取材をし、人間観察をし、
生きた人間のセリフや行動を
シナリオに書いていきたいと思う講義でした。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:23| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

この2か月を振り返ってみて(研修科夜間部)

この2か月を振り返ってみて

はじめまして、千葉敏彦と申します。
ブログ委員はじめました。

今日は、はじめてのブログですので
この2か月の間講義を受けてきた印象について
お話したいと思います。

今からおよそ2か月前……
シナリオ講座で僕は初めて講義を受けました。

講義を受ける前はシナリオ講座の……

  作品を提出し
  提出された作品を合評し
  その後飲みに行く……(?)

という講義でどういった力が身についていくのか
具体的にはわかりませんでした。

しかし、2か月間講義を受け続けることで、
毎週行う講義はとても有益な講義であることがわかりました。


■作品提出について

55期研修科夜間部の作品提出数は
1週間平均で6本くらい……でしょうか?
(先週は9本でました)

この提出数は大変多いそうです。

……うん、たしかに。

最近はプロットよりも、
1時間ものシナリオ、2時間ものシナリオの方の数が多く
毎週分厚い紙の束を見ている気がします。

こういう環境は
何かしら刺激になるのではないかと思います。

1人で書いているとどうしても
楽な方楽な方へと向かっていってしまう僕ですが……
周りに書いている人がいたり、
1週間で書いてきてと言われたり(?)すると
結構書けてしまうものです。

勿論、どうしても書けない時だってあると思いますが。


■合評について

作品が書けない時でも講義は欠かさず出ることにしています。

というのも、
毎週提出されたシナリオを読み合評に参加することが
シナリオの勉強になるからです。

例えば……

「よく書けているけれども、
 (漠然と)何かが足りない気がする……」
という印象のあるシナリオを読んだとき
合評中に誰かしら「足りない何か」を具体的に説明してくれます。

また、まったく自分が気づかなかったことを
他の誰かが指摘して、自分も気づく、ということもあります。

結果「シナリオを読む力」が身についていくので、
シナリオ勉強中の僕にとって毎週とても良い勉強になっています。

毎週シナリオを読むのは大変ですけど
それでもシナリオをきちんと読んで講義に出ると
「あっ! そういう見方もあったのか!」
というような発見があって面白いです。


■飲み会について

ほぼ毎週飲み会あります。
しかも安いです! おにぎりおいしいです!! 明太子か鮭が好きです!!?

もし、時間があれば飲み会に参加すると楽しいと思います。

飲み会で、先生から講義の続きのような感じで
シナリオのお話を聞けることも多々あります。
(時間を割いて飲み会に参加してくださる先生方に感謝です)

また、映画の話やドラマの話も出てきます。

僕は映画やドラマの情報について疎いところがあるので、
飲み会の時に話に出てきた映画やドラマの名前を覚えておいて、
ビデオ屋さんでDVDを借りアンテナを広げる……みたいなことをしています。
(ただ、お酒が入っているとタイトルを忘れちゃうことも多いですが……)

講義のある水曜日は丁度
近所のビデオ屋さんから安くDVDを借りられる曜日になっているので、
家に帰ったあとDVD借りに行ったりします。

ちなみにお酒は飲めなくても大丈夫です。
55期研修科夜間部の場合、
ウーロン茶がビールに次いで人気ドリンクな気がします。


■シナリオ→自己紹介 の話

そういえば、シナリオ講座で面白いと思ったことは名前の覚え方です。

1週間に1回の講義ですので名前を覚えるのは大変です。
僕も未だに名前のわからない人がいたりします……す、すみません……

ですが、シナリオと顔は覚えていることが多いので……

  ○○のシナリオのAさん
  △△のシナリオのBさん
  □□シナリオの人(←シナリオと顔はわかるけど名前がわからない?!)

のように、名前が出てこなくても大抵シナリオ名を言えば話が通じるのです。


----------------------------------------------------------------


……と、渡された用紙に書かれていた注意事項以外はなんでも書いていいですよ、
というお話でしたので、好きなおにぎりの話まで書いてしまいました。ゴメンナサイ。
こんなブログでいいのでしょうか……?

ともかく、よろしくお願いいたします。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:23| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする