2011年03月07日

講評の雰囲気(研修科夜間部)

こんにちは、ブログ委員の千葉です。

先週、丁度僕のプロットの講評がありましたので、
今日は講評について僕のプロットの講評を例に挙げつつ
雰囲気をお伝えしたいと思います。

先週の講義は前回のブログ同様那須先生でした。

第55期研修科夜間部の場合どの先生も
提出されたシナリオやプロットに対して、
受講生たちの感想や意見を聞いたあと最後に先生がまとめる、
といった感じで講評は進みます。

受講生の感想や意見を聞く際の順番は
大抵、席順で当てていくか挙手のどちらかですね。

先週の僕の講評の時は以下のような流れで講評が進みました。

1. プロットの概要について説明
2. 自分で書けていないと思ったところを発表
3. 受講生の方々の感想や意見やアドバイス(席順)
4. 先生のまとめ

(概要を省略しているので、
 受講生の方や先生から頂いたコメントを挙げても
 何がなんだかわからないと思いますが……
 講評の雰囲気だけでも伝われば、とっ!)

----------------------------------------------

1. プロットの概要について説明
 ※人物と特殊能力だけざっと説明し他の内容については省略します

 ・主人公(大学生・男)、主人公の妻(大学生・女)、謎の女性の3人が登場
 ・謎の女性はある特殊な能力を持っている


2. 自分で書けていないと思ったところを発表
 (うろおぼえですが……大体以下のようなことを話した記憶が……)

 ・主に3人登場人物が出てくるがどの人物もよくわからない
 ・途中回想シーンが入るが、
  回想がただの説明になってしまっているのでできれば回想を外したい
 ・主人公と妻がなぜ結婚しているのかわからない


3. 受講生の方々の感想や意見やアドバイス(席順)
 ※コメントは一部省略しております。
  いつも発言した方の名前はメモってないので、
  ひょっとしたら先生のアドバイスも入ってしまったかもです。

 ・主人公の年齢(21歳)にムリがあるように思えた(もっと年上に感じる)
 ・キャラが面白い
 ・(物語の解決方法について)もっと別の解決方法がありそうな気がする
 ・謎の女性の特殊能力は必要あるのか?
 ・極限状態におかれた人間は主人公のとったような行動はとれないと思う
 ・設定に入り込めなかった(すんなりと入り込むことができるような工夫が必要)
 ・主人公にとって他人でしかない人が窮地に陥るのと
  身近な人が窮地に陥るのとでは深刻さに違いが出てくる。
  このプロットでは謎の女性は、ただの他人でしかないが
  身近な人とした方がいいのではないか?
 ・回想シーンに登場する人物=謎の女性という風にするといいかもしれない
 ・謎の女性=主人公の妻とするといいかもしれない
 ・特殊能力の性質について今は少し気持ち悪さを感じるので
  ○○○○○○方がいいのではないだろうか?
 ・主人公は学者なのだろうか?
   ←今のところ学者タイプの大学生で考えている、と返答。
 ・大学の風景を出した方がよくなりそう
 ・(飛行機が墜落するが)飛行機が墜落した直後の行動に違和感を覚えた
 ・飛行機が墜落するシーンが物語の雰囲気にあっていない気がするので
  ○○の方がいいと思う
 ・特殊能力は伝染してもいいかも
 ・どのようなタッチ(映像)で物語を描きたいか?
  そこをハッキリさせれば物語の雰囲気がブレないかも
 ・物語の中で登場する△△△△を食べたいと思った
 ・△△△△をみんなで奪い合った方がいい
 ・シュールで面白い
 ・発想が面白い

4. 先生のまとめ

ユニークと言っていいかどうか……
この話は「○○を□□□□□かどうか?」という話でしょ?
 ←はい

(今のプロットはコメディなので)
「○○を□□□□□かどうか?」
一度テーマをつきつめて、真剣に考えた方が良いと思う。

シリアスな「○○を□□□□□かどうか?」の話に挑戦しなさい。
それが書ければ一つの壁を越えられると思う。

もし、シリアスな話が書けなさそうだったら
(現状のコメディっぽい話を書くなら)
以下のような感じで書いてみなさい
・主人公たちは○○する(飛行機の墜落はなくす)
・謎の女性は主人公の身近な人物にする
・特殊能力は何度か発動→解除するようにする

先生からのアドバイス(飲み会追加版)
・一番苦手と思う話を書きなさい。
 そうすることで壁を乗り越えられるから

----------------------------------------------

はい、たしかこんな感じでした。
時間は大体30〜40分くらいだったと思います。


・「一番苦手と思う話」について

僕は「シリアス、且つ、人が不幸になる話」は苦手です。

さすが先生。
僕の苦手とする話をわかっていらっしゃる……っ。

そうなのです。先生がアドバイスでおっしゃっていた、
シリアスな「○○を□□□□□かどうか?」の話を書きなさい、
というのは僕の一番苦手とする(もしくは苦手と思い込んでいる?)話なのです。

くぅ〜、たしかにこれは壁だ。壁ですよ〜っっ。

講座はもう残り1か月切っているわけですが……
提出できるかどうかはともかくとして、
一度苦手なシナリオが書けるかどうか考えてみた方が良さそうですね。

ではでは。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:26| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

100(研修科夜間部)

こんにちは。ブログ委員の千葉です。
今期のシナリオ講座も、もう残り1か月となりましたね。

えっと、2月23日に2作目のプロット書いて提出しました。
……提出しましたが、次の講義がコワイデス。

ともかくとして、ブログを書く時間が取れたら
(&心が折れてなかったら?)
提出したプロットの講評についても
後で、ブログに書きたいと思いまっす。

ちなみに、タイトルの100とは、2月26日現在、
第55期研修科夜間部の受講生が提出した
シナリオとプロットの総数です。

※最新のプロットに99とナンバーがついていたので
 ブログのタイトルを99としていましたが100に訂正しました。
 というのも、0番ナンバーのシナリオがあったためで、
 0番ナンバー〜99番ナンバーまでですと今丁度100本ですね。

ふむふむ。


千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:25| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

2月9日 那須先生の講義(研修科夜間部)

2月9日は那須先生の講義でした。

「シナリオが書けない……と思うのではなく、
 シナリオを書いていない……と思いなさい」

飲み会の時の那須先生の言葉です。

……うっ、たしかに。

今頭の中に、書きたい話が1つあるのですが
あまりにもあり得ない話過ぎて、
なかなかプロットにできずにいます。

そのような時に上記の言葉を聞いて、
申し訳ないです、と思う反面、嬉しく思いました。

というのも、
講座を受ける前はシナリオ講座の案内に書いてあった
 「半年に何作品書いていただいても結構です」
という文面を見ても
 「でも、講師の人忙しいし、迷惑になるかな……?」
と思ってたのですが、全然そのようなことはなく
むしろ「もっと書きなさい」と言われたためです。

う、うぅ、本当に申し訳ないですっ。
書きますとも!
来週か再来週には2作目のプロットかシナリオ書きますとも〜っ。
(ちなみに複数作書いている人は結構います。
 プロットも含めると……5〜6作だしている人もいるかも?!)


あと、もう一つ、飲み会で聞いた話を。

「頭の中で考えている、というのは
 ずっと同じ思考をぐるぐると繰り返しているだけで、
 実際に書いてみると3行くらいの話にしかならないから、
 まず、書いちゃう。
 書けば、次は続きをどう書こうか考えるようになる」

このような話でした。

>今頭の中に、書きたい話が1つあるのですが
>あまりにもあり得ない話過ぎて、
>なかなかプロットにできずにいます。

そう、僕に対してのアドバイスの話です。
今、ノートに書きだしてみたら
ノート1ページにも満たなかったですよ、僕の頭の中は〜。
ということで続きを考えます。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:25| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

1月12日 2月2日 輿水先生の講義(研修科夜間部)

気が付いたら2011年ですね! 今年もよろしくお願いします。
ブログ委員の千葉です。

1月12日と2月2日は輿水先生の講義でした。

------------------------------------------

輿水先生の講義に出席すると
シナリオをどう読むかとても勉強になります。

僕は講座を受ける前まで
シナリオを読むとシナリオの細かいところに
目が行きがちだったと思うのですが……

輿水先生の講評を聞くことによって、
シナリオを読む際、

・シナリオに山場があるか?
・作者は何が書きたいか?(書きたいことがぶれてないか?)

等など考えながら読むことで、
もっと広い視点でシナリオを読むことができるんだ、
と思いました。

------------------------------------------

2月2日の講義では、
講評の中で輿水先生から面白い話を聞くことができました。

それは、
「シナリオの中で『偶然』をどれだけ入れて良いか?」
という話でした。

・冒頭『偶然』の出来事を書くことはあり
・『偶然』が重なる場合は別々のシーンに
 『偶然』を入れてしまうと誤魔化せなくなる

というようなお話でした。なるほど。

------------------------------------------

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


‐訂正‐ 2010年12月10日 飲み会について

>ウーロン茶がビールに次いで人気ドリンクな気がします。

最近ビールよりも、ジンジャーエール系の飲み物が
人気ドリンクになりつつあるようです。


posted by シナリオ講座 at 19:24| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

遅ればせながら。(研修科昼間部)

はじめまして。
今回55期研修科昼間部のブログを書くことになりました、石原ちあきです。

「誰か受講生ブログ書きませんか」という呼びかけに、なんとなく応えてみたら1人。

何を書けばいいのかなぁ…なんて悩んでいたら、もう1月末!
(月に1回は更新を〜とお願いされたのに!)と、焦って書きはじめました。


今期の研修科昼間部は、講座HPにもあるように男性9名、女性5名の合計14名。
14名のうち、前期基礎科からの受講生は9名です。

担当講師は前期基礎科から継続で小松與志子先生と、今期から新たに坂田義和先生と安井国穂先生に見ていただいています。


昼間部は16時に講義が終わるため、飲みに行くにはなんとも微妙な時間……。

なかなかみんな揃ってアフターを過ごすことがなかったのですが、今月半ばには先生3名が揃っての新年会という名の飲み会もあり、ようやく講師の先生と受講生、そして受講生同士も打ち解けてきました(あれ、遅い?)


さて、10月から講義が始まりもう3ヶ月が経ちます。

まだプロットを書いている人が大半ですが、ちらほらと脚本に進む人も出てきました。

プロットとにらめっこが続いている私は焦る、焦る……でも書けない。

講義の度に先生の講評、受講生の講評が積み重なって、(こんな風に書いたら、こう突っ込まれそうだなぁ)(ここに至るまでの背景も考えなくちゃ…)と、色んな考えがぐーるぐる。

書かなきゃ始まらない、と心の中で思うばかり。
書いては消し、書いては消しの繰り返し。

しかし、残り2ヶ月。

「脚本一本書かなきゃ、来た意味がないじゃない」
「シナリオはなだらかに上達するものじゃない、書き続けて、ある日突然ぽんと階段を上がる」

という先生の言葉を強く念頭に置きながら、「頑張って書いていかねば!」と自分を奮い起こして、悔いなく3月末を迎えたいなぁと思います。


posted by シナリオ講座 at 19:21| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする