2012年04月27日

4月25日 基礎科夜間部(安斉)

2012.4.25(木)あめ

斎藤先生の二回目の授業でした。

始まり早々に・・・・先週出た宿題のコピーたちが全員分配られました。

例外もなく、自分の提出した宿題もその中にあって・・・・・・・
(心の声)うわ・・・っ(-_-;)目を覆いたい感じでした。


が・・・案の定、先生からのご指摘「こんなセリフ言わないよな」
ははっ、仰せの通りでございます。(冷や汗のわたし)
なんであんなこと書いちゃったんだろーって後悔しても時すでに遅し・・・・。

今日の授業で特に印象に残ったのは・・・

映画(やドラマ)は「言葉はなくても観客に伝えたいことは届く」ということ。

確かに・・・・思いおこせば・・・

敬愛してやまないクリント・イーストウッド監督の『グラン・トリノ』
イーストウッド演じる主人公のラストシーンは何も言葉はなかったけれど、見事に彼の生き様
(人生のすべて)を見たし・・・

『ニュー・シネマ・マラダイス』では
主人公の映写室で上映されていた、つなぎ合わせたラヴシーンの数々・・・セリフはなくても涙が止まらなかった・・・・

小津安二郎の『東京物語』
笠智衆が、普通にただ一人、自宅の茶の間に座って団扇であおいでいるだけのシーンでさえもグっときた・・・

どんどん、思い浮かぶ。映像ってスゴイ!

いや、いや感心している場合ではないのです。

ふとsteve jobsのスタンフォード大学のスピーチを思い出しました。
「connecting the dots」の話。彼の人生の岐路を三つの点になぞらえた
スピーチです。三つの点で彼の人生が一本の線になったと。

映画も、「脚本」・「監督」・「役者」の三つの点がひとつの線に並ぶことが出来た時に
『名作』が生まれるのかもしれないなと思いました。

せっかく勉強を始めたのに、レベルが高くてついて行けるだろうか・・・・かなり臆病になっている私。
すっかりお気楽モードで入学してしまい・・・なんでここにいるんだろう?と場違いな感じに怖気づいています。

どうしよう・・・これから・・・・
「stay hungry stay foolish.」
でも、steve jobsのメッセージがちょっとだけ勇気をくれました。
映像もすごいですが言葉のチカラもやっぱりすごいものです。

追伸:
あんなに大量の宿題を読んでくださった斎藤先生、どうもありがとうございました。
ふつつかな生徒ですが、どうぞ、これからもご指導下さいますようよろしくお願い申し上げます。



posted by シナリオ講座 at 13:38| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

4月18日 基礎科夜間部 基礎講座初日(吉田一人)

基礎科夜間部一発目のブログの指名を受けたのは、
やはり初めての基礎講座が始まる直前に事務局にDVDをレンタルしに行ってしまったからなのでしょうか?
…という個人的な話はさておき、


4月18日、基礎科の授業がいよいよ始まりました。

初回のこの日から3回の基礎講座は斎藤久志先生が担当してくださいます。

この日はまず、先生が以前に書かれたテレビ用の脚本が資料として配られ、それを受講生それぞれに役を振り分けての本読みを行いました。
僕はト書き部分の担当だったので正直安心しましたが(笑)、実際に台詞をいう役になった方はすごく自然に演技されていて、あれ?ここ役者コースとかじゃないよね?…、と一瞬思うほど。
昔の映画の撮影所では脚本家が自ら皆の前で本読みをしたと聞いたことがありますが、僕はほんのちょっとのト書きだけでもいっぱいいっぱいでした。

続いて、皆で読んだ脚本を実際に映像化した作品を鑑賞。
観終えてから先生が、この脚本が実際に映像になった時の流れやエピソードなどの解説をしてくださいました。

最後に全17ページの漫画をプリントしたものが配られました。
この漫画は以前に先生が映画化したことのある漫画とのこと。
そしてここで早速、初めての課題が…

「この漫画を脚本にして提出。締め切りは明後日」

ぎょーーー!いきなり締め切りに追われることになるとは!(緊張感が足りなくてすみません汗)

先生から脚本の定式をざっくりと教えていただいたものの、正直書けるかなぁと思ったのは僕だけでしょうか?
漫画自体も微妙な雰囲気を醸し出していて難しそうだし…。

しかし、斎藤先生曰く「脚本は実際に書いて覚えていくしかない」とのこと。

でも考えてみれば、右も左も分からない現時点では、間違ったって失敗したって当たり前なわけですし、たいして恥ずかしくもない。
実際にやってみてから、ここは違う、ここはこれでいい、こういう書き方の方がいい、と体で覚えるわけですね。
そう割り切ってしまえば、各々自由に書いたもの、その違いを見るのも逆に面白そうな気もします。

失敗しないと何も始まらない、ということかなぁと(勝手に解釈)。

というわけで、この講座期間中は猪突猛進であっちへぶつかってはころがり、こっちへぶつかってはころがり、失敗しまくってもめげずに粘り強くやってみよう!…と思った基礎講座初日でした。



【プロフィール】第59期基礎科夜間部 吉田一人
基礎講座初日に借りたDVD 『戒厳令』(別役実 脚本、吉田喜重 監督)



posted by シナリオ講座 at 14:40| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

4月13日 基礎科開講式(相川綾香)

◇4/13(金)昼の講義について

脚本家の鈴木智さんと今井雅子さんが、
今回シナリオ講座第59期基礎科昼間部の担当講師をしてくださるということ。

今期の流れと授業の流れをザッと説明してくれた後、
お互い受講生たちも自己紹介をした。

合間合間で鈴木さんと今井さんが脚本家のいろはや裏話を
交えて話してくれ、皆これだけでもかなり勉強になったと思う。

これからの授業は鈴木さんか今井さんのどちらかが来る授業になると
思うので、初回は貴重だったのだと感じた。

気合いが入ったのでがんばっていこう!


◇プロフィール
相川綾香 26歳
シナリオ講座第59期基礎科生



posted by シナリオ講座 at 12:58| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする