2012年05月31日

5月30日 基礎科昼間部(野本唯乃)

水曜/基礎講座
―講師:鈴木智先生―


今日は1時間もののプロットをA4用紙1枚で提出して講評を受けました。

歴史モノあり、ほのぼのあり、オタク系あり、コメディあり、
様々なジャンルのプロットが集まりました。

他の方のプロットを見るのは楽しいですね。
私が思いもつかないアイデアに、ハッとさせられます。

人間の数だけドラマが生まれるって本当だなあ、と。

1人1本とは限らないので、そうなると生まれるシナリオは無尽蔵な訳で……。

想像しただけでスゴイですっ。


鈴木先生は講評の時に、自分のシナリオのアイデアや、映画の話を盛り込まれるので、講義中に出てくる映画は数知れず……。

今回も、
 ・クラッシュ
 ・マグノリア
 ・チェイサー
 ・マトリックス
 ・アナザープラネット

ええと、あと何だったっけ。
もっともっと、いっぱいあったはずなのに……。


あ、『七人のおたく』も出て来ましたね。

次回はちゃんとメモを取って、TSUTAYAに駆けこもうっと。




posted by シナリオ講座 at 13:04| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

5月23日 基礎科夜間部(坂本)

「生」
「生」
「生」
「生」
「生」
「生」
「生」
「生」
「ホッピー」
「ハイボール」
「レッドブル」
「アマゾン何とか」
「富乃宝山お湯割り」
「ノンアルコールビール」

シナリオ基本講座夜間部の連中は講座が終わると、講師の先生を誘って居酒屋に行くのが恒例行事となりました。
講義は毎週水曜日と金曜日。
金曜日はともかく、明日は仕事のはずの水曜日もみんな全壊(×全開)で飲む。

シナリオ講座の女性陣はガンガンビールを飲む連中ばかり。
ビール党なのに友人にビールを飲んでくれる女性がいない私としては嬉しい限りです。
しかもシナリオ講座の女性陣は美人&面白い人ばかり。

当然男性陣のピッチも上がる。
きっとみんな翌日は二日酔いを楽しみながら仕事をしているのでしょう。



私は現在、病気療養中です。
とある復職支援施設にも通っています。
そこには、仕事でつまづいた人、人間関係でつまづいた人、原因が分からないけど調子が悪い人、いろんな人がいます。
なかには『苦い酒』を飲んで辛さを紛らわせている人達がいます。
『楽しいお酒』がモットーの私としては、それはとても悲しい事です。



シナリオ講座のみんなと飲むお酒はまさしく『楽しいお酒』の究極といってもいいくらい楽しいものです。
同好の師が集まり、好きな映画やアニメの話で盛り上がる。

シナリオ講座は自分の中には無かった新しい事をたくさん教えてくれます。
シナリオ講座のみんなと飲む『楽しいお酒』は、さらに新しい発見を無数にくれます。

先日の飲み会では、携帯のアドレス交換大会になりました。
一気に友達が増えたぜ!!
さらに講義の後ではなくみんなの休みの日に飲み会をしようという話も上がっています。

これから先、講座が終了してもこのつながりはずっと続くんだろうなと思わせるものがあります。
これはまさに一生の宝になるはず。



今の自分はシナリオどろこかプロットもろくに書くことはできません。
でもいつか自分がプロのシナリオライターになった時、『苦い酒』を飲んでいる人達に
少しでも『楽しいお酒』を飲んでもらえるような作品を作れたらいいなと思います。

といっても目先の利益しか見えていない私は、次の飲み会でも大声で言っています。
「スイマセーン!、生ひとつ!!」




posted by シナリオ講座 at 13:28| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

4月25日 基礎科昼間部(相川綾香)

水曜/基礎講座
―講師:鈴木智先生―

先週宿題として出された「変身」という題で
みんなA4一枚プロットを書いて提出

◎シナリオの書き方
●柱
・シーンナンバーは基本書かなくてよい
・場面と(かっこ内)には時間などを書く
・「外観」という表現は好まない人もいる

●セリフ
・端的に(芝居にとりこむ)
・説明っぽくならないようにする
・生き生きした口語体、感覚的なものにする
・テレビドラマは「ながら作業」で見られることが多いためセリフ(ナレーションやモノローグ含む)が多い

●ト書き
・目に見える状況、芝居、美術(どんな建物なのか等)
・映画はト書きが比較的多い
・「〜と、○○が言った」などの「と」。セリフ後の動作を書いていたのが由来


※芝居には掛け合いが必要。例えば
「そのチャンネル取って」
姉が言う。

よりは、
「それ取って!」
「何?」
姉、チャンネルを指差す。
「ん!」

など人をからませる言葉が重要。


※動作で感情や様子などを示せるようにする。
例えば、「電話の前で円を描く」というト書きは恥ずかしさを表したりできる。


●登場人物の名前の表し方(セリフの上やト書きにて)
・大人の男は名字が基本
・若い男子供や女性は名前で書かれることが多い
(下の名前だとソフトな表現になる)

※名前を決める時はイメージが湧くよう、よく考えること。
例えば、名字で地名が分かったり、名前で兄弟や時代、人生観などが表現できる。


●タイトル(スーパー)
・Tで表す。例 T:「三年後」
・画で表すことができるなら、できるだけ画で表した方がよい
・タイトルを出すと少しドキュメンタリー風になる。
・緊張感が出る

※メインタイトルの出方も脚本家の芸の一つ。場面からよく考えること。


◎ストーリー・構成(2時間くらいの映画を例とする)
●第一幕:30〜40分:セットアップ
●第二幕:40〜60分:展開
●第三幕:30〜40分:クライマックス

・プロットポイント1:セットアップと展開の変わり目
・プロットポイント2:展開とクライマックスの変わり目
・ミッドポイント:展開の20〜30分後くらい:物語の折り返し地点


●物語の目的とモチベーションを考える
・主人公は誰でどんな問題を抱えているか
・共感を得るためには物語や登場人物などの状況を理解してもらうことが必要
・モチベーションはクライマックスまでに段々と上がっていく
・主人公の目的が物語を作り出す
・進む→障害@→対立@(悩み・葛藤・ドラマ)→進む→障害A→対立A

※「障害」や「対立」をきちんと考えること(ここが一番面白い要素のため)


●第一幕で少し全てについてみせるとよい
・主人公のプライベートの問題などもあるとよい




posted by シナリオ講座 at 13:27| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

5月2日 基礎科夜間部(松本純子)

5/2(水)のシナリオ基本講座夜間部の様子

連休の間なのに授業がある。なんてまじめなんだろう。
しかも大雨のうえに、じめっとあっつい。

今日は斎藤先生の3回目の授業だった。
はじめての授業から「コレはヤバい」と私は思っていた。

「脚本て小説と違う」
なにあたり前のことを!と思う人がほとんどと
思われるが、自分にとっては衝撃的だった。
「言いたいことが言えそうにない…」
小説だと心理描写や場所の情景説明など
みんな文字で表現できるけど、シナリオでは
「映像化できることしか、ト書きには書いては
いけない」という基本ルールがあるらしい。

どうしよう、できない!できないよーーー!と
心で叫びながら参加していたが1回目授業の最後に
「しゅ、宿題。」が、でた。何十年ぶりだろうか。
漫画を書き起こしするという作業だった。

まず、漫画を読む。
「ふーん、女の子が告白されると思って
されなくて泣いてる話ね」程度の認識が
書き起こすと違ってきた!

気持ちがわかる!登場人物の行動やしぐさにも
意味がある。
「なんかキュンキュンだよ!」と、
ひとりごとをいいながら、どんどん進めていく。
先生が「脚本の書き起こしはいいよ」、といっていたが
意味がわかった。

登場人物の気持ちがわかると、ひとりで
気持ちが盛り上がって、ト書きを書くのが
おっくうになり、セリフだけ書き起こして
先生に意味が伝わらないといわれた。

あ、そうだった。この感動を伝えるのが
台本だった。と、思った。けど、わかるけど
できないよー!と、おもった。

そして今日の授業。
漫画には描かれていないが
前段になるであろう部分を台本化してくる
宿題をみんなで披露するというものだった。

みんなの宿題を見てビックリした。

どれひとつとして同じものがない。

おんなじ漫画のおんなじ宿題なのに
登場人物の性格が、全く違う!
みんなの数だけ、登場人物が存在する。

話も違う。同じ漫画なのに。しかもどれも面白い。
自分にない発想に、斎藤先生の批評を
必死にメモる。みんなの宿題の中で
自分で「コレは!」と思うところに丸印をつける
「パクパクパクパク!パクります!」と
心で呪文を唱えながら!(byスペック)

ああ、学校に来てよかった。
自分ひとりでやっていたら、絶対に他の人のは
見られないし、自分の書いたものに対する
感想ももらえない。

その後、授業は規定時間で終わらず
学校近所の「やるき茶屋」に移動して
続きをしたのだが、飲みを控えるのが
つらかったー!次回は飲みに集中できると
うれしいと思いました。


松本純子
学校の面接表に「愛読書は」とあり
小説とか読まないので「なし」と書いたのですが
漫画でもいいんだ!と思ったテレビ番組制作会社
で働く人間です。どうぞよろしくお願いいたします。




posted by シナリオ講座 at 23:59| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

4月18日 基礎科昼間部(相川綾香)

◇4/18(水)基礎講座〈鈴木智先生〉

≪脚本家に必要な要素≫
@企画力
・これがまず通らないと先へ進まない。
・描きたいものを持つこと。
・自己PRも大事

A構成力
・心理の流れなど計算すること。
・マーケティング力も大事。当たっている映画を分析すること。

B台詞のセンス
・個々で磨くしかない
(先生も最初はセンスがないと言われた)

Cキャラクターを描く力
・一瞬で見た人が分からないとダメ。
(例えば窓から登場する人、など)

Dサービス精神
・観て楽しんでもらわないとダメ。
・伝えたいこと1割、面白がらせること9割


◎先生が今進めている本物の企画書と
 過去のドラマの準備稿と決定稿を見せてもらう

◎新人ほどプロットをたくさん書かされる。
 その後脚本を書かせてくれるかは重要。

◎シド・フィールド著「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」紹介。



posted by シナリオ講座 at 20:15| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする