2016年11月09日

10月25日創作論講義:岸本卓先生


研修科夜間部 受講生の伊藤朝香と申します。

10月25日の創作論講義:岸本卓先生の回にお邪魔させて頂きました。
元々、シナリオ講座を受講したキッカケが岸本先生でしたので、
『ついにこの日が来たか!』 と待ち望んだ回でもありました。

まずは、エンターテイメント性に強いという、
三幕構成(第一幕、第二幕、第三幕から成り立つ構成)について教えて頂きました。

●第一幕とは…
状況説明部分であり、 『起』 にあたるところ(2時間ものであれば、時間目安約30分)

●第二幕とは…
葛藤部分であり、 『承』 にあたるところ(2時間ものであれば、時間目安約70分)

●第三幕とは…
解決部分であり、 『結』 にあたるところ(2時間ものであれば、時間目安約20分)

上記のような、時間配分で成り立っていると。
現場でお仕事する際にも、この構成を伝えてから制作に携わっているとの事でした。


そして、三幕構成に欠かせない
ターニングポイント:プロットポイント1・プロットポイント2 のお話へ。

●プロットポイント1とは
第一幕の中にあるターニングポイント
物語のスタート地点であり、第二幕へ移行するキッカケ部分。
(主人公に課題を課する部分かなと…私個人の解釈ですが…)

●プロットポイント2とは
第二幕の中にあるターニングポイント
『転』にあたる部分であり、第三幕へ移行するキッカケ部分。
(主人公が第二幕で受けた葛藤を解消するポイントかなと…これも私個人の解釈ですが)

だいぶ、私個人の解釈が入っていますが…
「物語の仕組みとは?」という事を教えて頂きました。
何となく分かっていたようで、
実際これをもとにシナリオを作るのは難しいそうだな…と。

シナリオ添削の時間では、提出したシナリオを元に岸本先生が
『プロットポイント1・プロットポイント2はどこにあたるのか?』
というのを提示してくれました。
提出されたシナリオに沿ってみてみると、
プロットポイント1が2つあったり、プロットポイント2が無かったり…
と様々な状況がありました。
難しいそうだな…と思っていた私も、
自分のシナリオだからこその納得、足りない部分が浮き彫りになり、
自然と糸口が見えてくるようでした。

「いい作品を作れば、自分のクレジットになる!という心持ちで、
初稿を守るのではなく、どんどん捨てて、いいものを取り入れていこう」
とも、教えて頂きました。
『この心持』と、『三幕構成』を自分のものに出来たら、
エンターテイメント性に強い脚本家になれるのではないかという希望と、
これを自分のものにする事ができるのか…という焦りをヒシヒシと感じた私でした。

そして岸本先生の講義を受け、67期研修科夜間部では、新たな試みが…
みんなで、『三幕構成』や『起承転結』を高め合おうと、
講評用のLINEグループが立ち上がりました!
ますます、熱気が加速していく研修科夜間部です。笑

この回を企画してくださった事務局の方々、
お忙しい中、講義に来てくださった岸本卓先生、
本当にありがとうございました。




【関連する記事】
posted by シナリオ講座 at 17:37| 第67期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする