2016年11月08日

11月3日基礎科昼間部 冨田

第68期基礎科昼間部の冨田です。

基礎科昼間部は、丸内敏治先生と真辺克彦先生のお二方に
担当していただいています。
受講生は、女性5名、男性2名の計7名です。

それでは、11月3日の授業内容をご紹介いたします。
今日は、丸内敏治先生の3回目の授業です。

前回までの授業では、某習作シナリオを、どう読み取り、
どう直していくのか
をディスカッションし、
今日は、その直されたシナリオの映像化されたものを観て、
どう感じるか、どうシナリオ作りに役立たせるかという授業でした。
映像は、素人の方が演じ、音楽も入り、編集されたものですが、
このシナリオが、こういう感じになるのか、と感動しました。

基礎科の受講生はほとんどがシナリオ初心者ですので、
シナリオにとって大事なことは、構成とセリフ
細かい動きは指定しない方がいい。
照明の指示は書かない方がいい。
修飾語はなるべく無い方がいい。
という基礎的なアドバイスを今日は受けました。

最後に、宿題をいただきました。
『刑事ジョン・ブック 目撃者』
『プリティリーグ』

この2本を次の授業まで観てくること。
どちらも、丸内先生の好きな映画だということです。

また、受講後は、女性の受講生の方たちが
丸内先生とお茶会に行かれるということなので
私もお邪魔させていただきました。
丸内先生を囲んでの映画談義は、楽しくかつ勉強になりました。




posted by シナリオ講座 at 16:46| 16年秋 第68期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする