2013年04月22日

4月18日基礎科夜間部(田口)

みなさん、こんにちは。

18日(木)は、基礎科2回目の授業、授業内容は「素材・テーマ」。
古家先生初回授業の為、先生は終始「これでいいのかな?」と講義内容を心配されてましたが、生徒の皆さん、大満足だったんじゃないでしょうか。

少なくとも、私、終始ワクワクしてました。上記の講義テーマはもちろんのこと今執筆中の作品のこと、過去のご経験。先生の実体験に基づいたお話が本当にリアルでしたね。

さて今回の講義のテーマについてですが、

テーマ:その作品を通じて伝えたいメッセージ
素材:そのテーマを伝える為の材料となるもの。
※そのテーマを伝える為にはどういう物語でどういう人物設定が一番いいかを考え、天・地・人を明確に設定することがポイント
※どんな作品にも必ずテーマが存在。(ホラー映画にだってテーマは隠れている!)

また、作品をつくるにあたり、
@ テーマを決めて物語を考える
A 素材・モチーフを決めてからテーマを構成する
という方法があり、今出されている宿題は2のパターンですね。

個人的な感想になりますが、今回の講義で一番私がぐっときたのは
「ドラマはその人物(主人公)の長い人生の中で一番ドラマチックな部分を切り取ったもの」
というお言葉。登場人物の履歴書を作ることでキャラクターが確立され作品が活きてくるそうです。
来週はその「人物設定」についての講義です。来週の講義が今日の講義を受けたことでより楽しみになりましたね♪

それではみなさん、毎週火曜日『幽かな彼女』も講義と併せて一緒に楽しみましょう!!


posted by シナリオ講座 at 13:40| 13年春 第61期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする