2012年10月31日

10月25日基礎科夜間部(鈴木)

今回の講義のテーマは「素材・テーマ」「人物設定」で、講師は林誠人先生でした。

以上です。

これで終わってしまうと、鈴木には二度とこのブログを執筆する機会が来ないと思われるので、もう少し書こうと思います。


このシナリオ講座基礎科のスケジュールを見ると、今回までは何でもない、私はただのお客さんでした。
椅子に座って、先生の話をふむふむと頷き、ノートに書き留めたりしちゃって、その後は仲間と話して、帰る。
それだけで満足してしまう、扱いやすいタイプの客だった。

それは今回まで。

次回からはシナリオのスタートである「プロット作成」に入る。これがうまくできないと、脚本は始められないと聞きました。
それ以降のスケジュールは全部「ゼミナール」で、最後に「修了式」がいきなり書いてある。
ここでつまづくとそれ以降の講義についていけなくなり、最後の3月30日にはアルバイトをしておる気配がする。

私は、シナリオ講座の生徒です。お金も払ったしね分納だけど。

余裕は無くなったのだ。がむしゃらになりましょう。それが大切。




【関連する記事】
posted by シナリオ講座 at 13:52| 12年秋 第60期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする