2009年01月29日

1月29日 基礎科夜間部(小野麻由美)

今日の授業は引き続きモーパッサンの「ジュール叔父さん」を原作にした
プロットの感想の講評をするという授業でした。
今日で全員の講評がが終わり、そのまま去年出題されたモーパッサンの「父親」に入りました。
「今日はジュール叔父さんで終わるなあ〜」
って余裕ぶっこいていたので、ちょっと焦りました。
みんなはしっかり読んできていて偉いです。
普通なのかもしれないですけど。


何を書いたらいいのかわからないので、話題を変えます。
小さい頃から何かを作るのが好きで、シナリオも物語を作るわけで、
物づくりのような仕事は事務とは違う大変さがあると思いました。

学校に来るまではアクセサリーのメーカーに勤めていて、
アクセサリーを作っていました。
実際作るのは、職人と内職の主婦ですけど、元の形を考えるのが私の仕事で・・・
カッコよく言えばデサイン。
コンマ1ミリ変わるだけで全く姿を変えてしまう、小さなピアスをずっと考えてると、
フト
何がいいのかわからなくなってくることがある。
色の組み合わせも、考え込むとど坪にハマってよくわからなくなります。

人の感性なので、答えがあるわけじゃない。

からこそ難しい様な・・・・・

ある日突然、頭が真っ白になり、何のアイディアの浮かばなくなります。

シナリオはまだ始めたばっかりなので、こういうものが書きたい、
ああいう物が書きたい、いろいろ思い浮かぶけど、
最近はクラスの皆のプロットを読みまくっていて、
何がよくて、何が悪いか分からなくなってきました。
私的に、みんないいじゃない?
みたいな。


いつかみんなが脚本家になり、たくさん仕事をこなしたいったとき、
ふと何も書けなくなることが訪れると思います。

右脳を使う仕事は大変です。

もし頭が真っ白になったとき、
『そういえば、そんなことブログで書いてる子がいたなー』
って思い出して下さい。



小野麻由美(第52期基礎科夜間部)
テレビを見ていて気付いたのですが、私、
女性ホルモンギリギリの女性みたいです。


posted by シナリオ講座 at 15:31| 08年秋 第52期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする