2009年07月09日

7月9日 基礎科夜間部(渡部亮平)

こんにちは。
最近、すごい暑いですよね。なんでこんなに暑いんやろうって考えてみると、もう7月上旬と呼べる頃が終わろうとしとるんですよね。「ほんまに時が経つのは、早いなー、早いなー」と思ってたけど、こんなにも早かったんですね。だって、2009年も半分終わってるし。なんかあっさりしてるな、2009のやつ。草食系だね。

気がつけばね、自分も来月の10日に22歳になろうとしてます。そうそう、お察しの通り「ハトの日」です。そのハトの日に、22歳になったとしても「よし、ここがチャンスだ!何かやろう」と思っている特別なことはありません。
だって、そんなに特別じゃないですし。特別なのは、僕かハトくらいでしょ?
誕生日なんて誰かに祝ってもらわないと意味ないわけで。自分一人で「いやー、俺も大人になったな」とか思ってるのは、悲しいだけですからね。それやったら、この一週間マクドナルドでフィレオフィッシュが14時以降に100円で食えるって方が特別やないか!とか考えてしまう。
なんとなく、その22歳というモノを考えてみました。ぞろ目。思い出したことは、小学生のときの人生プランでは「23歳で結婚」と考えていたこと。うわー、ジーザス。今、全く頭にないプラン。でも、実際に友達で赤ん坊を抱えているやつがなんぼでもいるし、結婚したってそんなに驚くことじゃない年齢ですね。
ほやったら、俺も23で結婚しても、別にええか。誰か、結婚しませんか?


さ。というわけで、どんな日記を書けばいいんか、よーわからんな。いくつかザァッと見てみたけど、みんな頭よさそうで、びっくり。ほんなら、講義とその後のお茶会のことを簡潔に書きますね。
今回の授業は、前回と同様に提出されたプロット&シナリオの合評だった。
みんなで「あーだ!こーだ!」といい合うのが目的。僕も「あーだ!こーだ!」言いたいのですが「あー、こー」までは言えても、なかなか「だ!」まで言えない。
つまり、「この話がもっと別の展開になれば、面白くなるかもねー」まではわかっても、代案の「こうしたらおもろいんだ!」がなかなか言えない。そんなときに小林先生が「だ!だ!だ!だ!」と代案をズバズバ言ってくるので、僕ら受講生は「うっげー、すごいなー」ってビビってしまうのでした。ジーザス。
受講生でも「あーだ!こーだ!」言える人もいたら、そこまでは言えないけど「あーな?こーな?」言っている人もいました。代案とまではいかなくても、意見を言えている人はすごいと思います。
授業後のお茶会では、「裸になれる女優魂」や最近、「映像化不可能と言われてきた作品」が、どんどん簡単に映像化されちゃってるねーという話や、「ツタヤの泣ける映画ランキング」などの話をしました。毎回、先生つきあってくれてありがとうございます。これからも、よろしくお願いしますね。

最後に、最近授業に参加している人数が減ってきたのが気になった。
みんな何してるんやろう。

はい、日記、終わります。
前置きがあんなに長いとまずいですかね?いいですよね、別に。
もっと講義のことを書くべきでしたかね?
でもね・・・こんな野郎もシナリオ頑張って書いてるんだぞ!という気持ちが伝わればいいなと思いました。
くどい様ですが、誰か結婚しませんか?まずは、お茶からでも。


渡部亮平(第53期基礎科夜間部)
4月から基礎科を受講。愛媛が好き。


posted by シナリオ講座 at 14:38| 09年春 第53期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする