2011年02月10日

2月9日 那須先生の講義(研修科夜間部)

2月9日は那須先生の講義でした。

「シナリオが書けない……と思うのではなく、
 シナリオを書いていない……と思いなさい」

飲み会の時の那須先生の言葉です。

……うっ、たしかに。

今頭の中に、書きたい話が1つあるのですが
あまりにもあり得ない話過ぎて、
なかなかプロットにできずにいます。

そのような時に上記の言葉を聞いて、
申し訳ないです、と思う反面、嬉しく思いました。

というのも、
講座を受ける前はシナリオ講座の案内に書いてあった
 「半年に何作品書いていただいても結構です」
という文面を見ても
 「でも、講師の人忙しいし、迷惑になるかな……?」
と思ってたのですが、全然そのようなことはなく
むしろ「もっと書きなさい」と言われたためです。

う、うぅ、本当に申し訳ないですっ。
書きますとも!
来週か再来週には2作目のプロットかシナリオ書きますとも〜っ。
(ちなみに複数作書いている人は結構います。
 プロットも含めると……5〜6作だしている人もいるかも?!)


あと、もう一つ、飲み会で聞いた話を。

「頭の中で考えている、というのは
 ずっと同じ思考をぐるぐると繰り返しているだけで、
 実際に書いてみると3行くらいの話にしかならないから、
 まず、書いちゃう。
 書けば、次は続きをどう書こうか考えるようになる」

このような話でした。

>今頭の中に、書きたい話が1つあるのですが
>あまりにもあり得ない話過ぎて、
>なかなかプロットにできずにいます。

そう、僕に対してのアドバイスの話です。
今、ノートに書きだしてみたら
ノート1ページにも満たなかったですよ、僕の頭の中は〜。
ということで続きを考えます。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:25| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする