2010年12月31日

12月22日 塩田先生の講義(研修科夜間部)

22日の講義は塩田先生の講義でした。

飲み会の場で塩田先生から
とても勇気づけられる話を聞くことができたので、
そのお話について書きたいと思います。

「脚本家は壁に当たって当たり前。苦しくて当たり前。
 この時期、壁に当たる受講生は多いけれども、
 それは、シナリオが書けるようになってきた証拠なの。
 むしろ、シナリオが書けるようになればなるほど、
 壁は大きくなるの。
 だから、シナリオで悩むことは決して悪いことじゃない」

くぅ……すみません、僕自身少し酔っていたため、
あまり正確には覚えていないかもしれませんが、

 大きな壁に当たること(悩むこと)は、
 シナリオが書けるようになってきた証拠

というお話でした。

……たしかに。

壁に当たることは多いけれども、
今もまだ毎週7本や8本シナリオが出続けているので、
皆苦しい中でもシナリオを書いていっているのだと思います。

壁にぶつかることはありますが、
僕もシナリオを提出し続けようと思います。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:24| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする