2010年12月30日

12月15日那須先生の講義(研修科夜間部)

15日の講義は那須先生の講義でした。

那須先生の講義では
いつも人物設定の大切さを実感します。

この人物はどういった人物なのか?
この人物は何について悩んでいるのか?
この人物の得意なものは何なのか?

シナリオを書く際に、
きちんと人物を掘り下げて考えていないと
上に挙げたような質問に答えられず、
また、これらの質問に答えられないと
シナリオもどこか不自然さの残るシナリオに
なってしまうのだと思いました。

僕の書いたシナリオはいつもどこか人物が嘘っぽいな、
と感じていたのですが、その原因は、
人物についてきちんと描ききれていないからなのかもしれません。

取材をし、人間観察をし、
生きた人間のセリフや行動を
シナリオに書いていきたいと思う講義でした。

千葉敏彦(第55期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 19:23| 10年秋 第55期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする