2011年03月25日

最後の宴(基礎科夜間部)

2011年3月24日(木)今日が第56期基礎科の最後の授業。
残念な事に、私は仕事の都合で遅れての出席です。


勝手知ったる赤坂『シナリオ会館』。
エレベーターに乗り込み『3』を押す。

ドアが開くと聞こえてくるのは、我が師匠の声。


「そうそう、この声が聞きたかったの」


部屋の外で、密かに笑いを堪えてしまいます。


我が師匠の最後の教え、それは、もちろん内緒です。
どうぞ皆さん、気が向いたら、ご自分のお耳で『教え』を聞きに来てください。


「シナリオは人を描く」と言う方もいます。
で、あるならば、師匠の教えは「人生の教え」であると私は思います。


受講生の皆さん。これからの人生『承』を大切に考えていきましょう!
どんなに飛躍してもいい。すべては……。


あれ?少し書き過ぎたかもしれませんね。
自粛、自粛。

まあ、最後なので書き過ぎもご愛嬌でございましょう。


毎度同じ文句になりますが、
今の私に、師匠の教え通りにシナリオを書く腕はございませんが、
いつか、きっと書いてみせましょう。


あっ!金魚は研修科にも行くんだった!!
あー、やだやだ、まだまだ、師匠の声を聞く機会に恵まれておるではないか……。



さてさて、皆さん、申し訳ありません。
私が最後の授業に訪れた時には、すでに講評は殆ど終わっておりました。
ですので、今回は、最後(?)の『やる気茶屋』での飲み会の写真をアップします。

kisoyoru3.jpg

いかがですか?
色気がなくって、すみません。
この半年、こんな感じで飲んでました。



最後になりますが、
第56期基礎科の皆さん。
本当に出会えて良かったです。
ありがとう。
そして、頑張ってください。


嘘、はったり、真面目、馬鹿。
いろんな人がいたかもね。
でもね、それでいいよ。
それが人間。だから人間。


楽しかったね。また、遊ぼうね。


今度は、別のステージで会いたいね。
お互い、今とは違う肩書を持って会いたいね。


我らが目指すは『シナリオライター』それだけです。


それでは、また。
おやすみなさい。


posted by シナリオ講座 at 19:10| 10年秋 第56期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする