2011年01月28日

大野先生の講義 その1(基礎科夜間部)

はじめまして、金魚です。
今回は大野武雄先生の人柄や講義の様子をご紹介します。

大野先生はとてもダンディです。
それは、もう一人の専任講師である柏原先生も同じなのですが、
大野先生はダンディの中に、ちょこっと三枚目な要素もお持ちです。

例えば、ダジャレがお好きで講義中に度々ダジャレを披露されたり、
例えば、柏原先生の授業の日に、別件で講義にお顔を出された時には、
    「あれ?今日、俺の番じゃなかった?」なんて笑いをくださったり、
他にも、三枚目要素が盛り沢山です。


そんな大野先生は私たち受講生に沢山の愛情を注いでくれます。

講義中、受講生が提出したプロットに厳しく意見をくださり、
時にはプロット自体をボツにされる事もあります。

しかし、大野先生は提出された全てのプロットに
『赤ペン先生』のような沢山のコメントや指摘を入れて
講義後、批評を受けた当人に持たせてくれるのです。

「ボツにしろ!」そう厳しく言われたプロットでもです。

大野先生のコメントは赤や青や緑など、いくつもの色で書かれています。
色の違いは読まれた回数によるものだそうです。
私たち受講生が出す、箸にも棒にもかからないプロットを
何度も何度も読んでくださっている……。

いつか、大野先生に心から楽しんでいただけるような作品を書きたいです。
それまでは、大野先生、大変心苦しく思いますが、
つまらないプロットにお付き合いお願い致します!

最後になりましたが、大野先生は受講生にあだ名を付けてくださいます。
私がブログで使用している名前『金魚』も大野先生が付けてくださいました。
※理由の説明は割愛させていただきます。

それでは、まだまだ書き足りませんが
本日はこの辺で失礼致します。


posted by シナリオ講座 at 18:58| 10年秋 第56期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする