2010年07月21日

三幕構成のススメ(研修科夜間部)

こんばんわブログ委員?の酒匂です。
ブログももう、3回目です。

今日は、先週の7/14のことを書きたいと思います。

7/14の小川先生の授業では、3人の生徒の作品の合評が行なわれました。

ある作品のシナリオがわかりにくい…となり、
先生が生徒に質問しながら、黒板に大きく3つに分けたあらすじ書きました。

そう、これは「三幕構成」「序破急」の事です。

先生が書いた3つのあらすじ、確かにわかりやすい!

「シナリオは結局はコレ!
 ここに到るまでを書くのがシナリオ!
 簡単に成し遂げたら、つまらない」
との事でした。
この言葉が、心に強く響きました。

「脚本を書く前にこういう事をやるとよい」と聞いて、
確かに…私はやったことがなかったな、今度からやろうと思いました。

先生は「難しいけれど、たくさん書いて覚える。私もまだまだ勉強中」と
おっしゃっていました。
先生でも勉強中…だったら、私はその何倍も勉強しないとって
反省をした授業でした。

頑張れ、自分。

酒匂彩子(第54期研修科夜間部)
最近NHKドラマ「ゲゲゲの女房」にはまってしまい、鬼太郎茶屋に行ってきました
水木しげるさんの凄さに、圧倒されました。


posted by シナリオ講座 at 18:21| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする