2010年07月15日

自分にしか書けないもの(研修科夜間部)

こんにちは。
はじめまして。
最後のブログ委員の新谷といいます。


今回のブログでは、6月30日の講義について書きます!!


知っている方もおられると思いますが、
研修科では、毎回提出された作品の講評します。

そして、今回はタイミングよく自分の作品の講評の番でした。


最初に掛札先生からの意見を聞き、
そのあと他の生徒さんからの意見を聞きました。
みなさん、毎回熱心にあたたかい意見を言って下さいます。


そこで僕が毎回思うのが、意見は選ばなくちゃいけないということです。
みなさんの意見はすべて有り難いものとして聞いています。


ただ一人一人の意見をすべて取り入れたとしても、
いい作品になるわけじゃないからです。

だってそんなことしたら、誰が書いたっていいってことですから。

自分にしか書けないもの。
僕はそんなシナリオを書きたいと思っています。


さて、僕の作品の講評ですが……


みなさん僕の作品には「さわやか」とか「ピュア」といったイメージがあるようです。
これは僕は狙っているわけではありません。
でも、にじみ出て欲しい部分ではあります。
なので、嬉しいです!!

他にも有り難い意見をたくさんいただきました。
書き直すときや、新しい作品を書くときに参考にしたいと思います。
ありがとうございました!!!

そして帰りの電車の中で掛札先生に言われた言葉を忘れずに、
これからも頑張っていきたいと思います。


新谷辰雄(第54期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 18:19| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする