2010年06月24日

6/24(木)(基礎科夜間部)

6/24(木)

はじめまして。

田口敬太と申します。


ブログ委員というものになったものの、何も書かないままひと月が立ってしまいました。

これではだめだ。

これからは、時間があるときには、なるべく更新していこうと思います。

宜しくお願いします。


今日は、那須先生の講義でした。


前半は、10分〜15分程度の短編作品の講評。

この講座の一番最初の講義で出された課題。テーマは別れ。

僕は今まで2回直して、今回、最終的な講評を頂いたのですが、

今まで、一貫して『テーマがよくわからない」と言われてきて、自分なりに考えてきましたが、やはり、まだよくわからない。

物語のテーマは何か。物語で何を言いたいのか。何を伝えたいのか。

まだよくわからない。あることにはあるのだろうが、ちゃんと言葉にならない。


自分なりに考えてみたところ、

今の自分は、ただ映画が作りたくて書いているというのが正直な気持ちです。

脚本を書く動機として、作品を通して何かを伝えたいということではなく、ただ作りたいということで書いている。

それだけでは、だめなんだということを、わかってはいても……

とりあえず、今回の短編は自分で撮って作品にしてみました。

実際に作品にしてみて、脚本として足りなかったこと、今日の講義で先生が言っていたことが、よく理解できました。

これから長編を書くときの課題になりそうです。



後半は、グループごとに出された課題をもとに、

「アクションとは何か」

ということについて考える時間でした(自分なりの解釈なので、間違っていることもあります)


アクションとは何か

拳銃でドンパチ、刀で切り合う、素手で殴り合う、カーチェイス、セックス

あらゆるアクションが行動である。

行動がなければアクションにならない。

アクションとは、行動して、衝突すること。

映像は、映画は、アクションを映すものであるから、アクションを作るうえでは、そのアクションをどう表現するかが一番、重要になってくる。

しかし、その行動が起こる、きっかけ、動機、理由も、アクションにはなくてはならない要素である。(これは、アクションに限らず、全てのジャンルに通じることであると思いますが)

神々と人間の戦い、楽しみです。

田口敬太


posted by シナリオ講座 at 18:13| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする