2017年05月12日

4月の創作論講義

始めまして
ペンネーム 気ままなジョージです
今期の創作論講義が始まりました!

4月は、初めから豪華なラインナップ
初日ゲストは 佐々部清監督
“自主的”映画『八重子のハミング』がこの度公開
監督の出身地、山口県で撮影をされたことから
昨年に県内で先行公開が始まり
東京はいよいよ今月から
有楽町スバル座新宿武蔵野館
で公開されています!

映画が好きだった十代の頃から佐々部監督は撮影に携わり
現在の「八重子のハミング」に至るまでのバイオグラフィーを
『”命がけ”で映画を創る』と題して講義されました

若かりし頃「仕事のない時はシナリオを書け」と
先輩にアドバイスを受け 以後ほどんどの作品を
監督・脚本として手掛けられています

「脚本は熱量だ!」とおっしゃる佐々部監督ですが
今回の「八重子のハミング」の製作秘話も聞くことができました

講義の後にオンエアされていた様々なTVバラエティで
主演の升毅さんや梅沢富美男さんが
公開に至るまでの監督の苦労を語っていたことから
監督の製作の熱い思いがより伝わってきました
 
28年ぶりに映画に出演された高橋洋子さんの演技も必見で
12年間の足取りをおひとりで見事に演じられています

原作の陽信孝(みなみ のぶたか)氏も山口は萩のご出身
併せて原作もぜひご覧ください

ご自身の足で各方面を巡り資金も集め
命がけで製作された作品を全国公開させた
佐々部監督の背中をこれからも追い続けたいです!

さて4月後半は2週に渡って講義された
スクリプトドクター 三宅隆太先生『シナリオ発想術』

既存の作品からの学び方や心理カウンセリングの要素が取り入れられた
シナリオを発想する上でのヒントが盛りだくさんでした

私のノートがこれまでで一番多い8ページに渡るくらい
充実し綿密に組み立てられたプログラム

一番印象に残っているのは「自身の思い込みを疑う」ことでした
世の中にはびこる様々な価値観は
各々の思い込みによって作られてしまっていることも
多いのではないでしょうか

講義の中では
同じように偏った価値観を持つようになった自身の視点を
過去にとらわれず一旦ずらしてみること
他者に共感することに努め新たな行動を意思決定することで
「ものがたり」を実感できる
という点が私には響きました

意外と多くの人が認めていない
自身の過去をチャームポイントとするアドバイスを受け
今後もものがたりを発想し
シナリオ化していきたいと思えました

最後まで読んでくださり
どうもありがとうございます!
気ままなジョージでした


posted by シナリオ講座 at 16:19| 創作論講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

4月26日 研修科昼クラス サイトウ

シナリオ講座の基礎科を受講して、早いもので七か月が過ぎ、いまや研修科です。
「シナリオのイロハから教えて貰おーっ🎶」、そんな気持ちで門を叩きましたが、
待ち受けていたのは脳ミソ沸騰ハイテンションな日々でした!

〇受講スタート〜
・シナリオって?
・好きなジャンルの映画だけ観てちゃダメ?
・いやいや、「PP」「MP」って何!? 知らないのは私だけ?
・「水木洋子」って、誰ですかー?
・シドなんちゃらさんの 「ハリウッド三幕構成」って、常識!?
・え、年齢制限……あり? etc.    

ひと月くらいは、肩を落とし地下鉄の階段をゆらゆら降りて帰りました。
でも……同時に、楽しかった

自分が書いた文章を、バリバリ現役の脚本家講師陣が真剣に読んで講評して下さる。
年齢も立場も越えて、仲間たちとシナリオについて語らう。
まるで、学生に戻ったかのような熱っぽい日々。

拙作に講評をいただき、発想の貧弱さや自己中な思い込みに愕然としたり
あー面白いシナリオを書きたい! 
え、だけど、「面白い」って……何だろ?
気がつけば、寝ても覚めてもシナリオのことばかり

〇基礎科を終了して〜
・ドラマ(シナリオ)はリアルだけじゃダメ! 面白いのか、これは?を常に考えよ。
・登場人物の無駄遣い厳禁! 出したからには、きっちり働いて貰うべし。
・小説流の描写→脚本では余計。ここもあそこもカットだ、カット!
・つまるところ、何を描きたいのか……。etc. 

第68期基礎科昼クラスの講師陣は、丸内敏治先生真辺克彦先生
両先生とも厳しくも温かく、辛抱強く指導して下さいました(引き続き宜しくお願いします!)。
そしてこの4月から、新たに研修科昼クラスの講師に加わって下さった黒沢久子先生
ドキドキしながら迎えた黒沢先生の初講義、刺激的でしたー!

研修科に進み、クラスの仲間が約三倍に増えました。
面白いシナリオが書きたいと、臆せず夢に向き合う人たちがこんなに!?
驚嘆すると同時に、せめて二十年前に始めていれば……と悔やむ気持ちも
気力、体力、人間力。そして時間。何もかも足りない!

そんな時、
巨匠F・コッポラの伴侶エレノア夫人80歳で監督した長編映画、
『Paris Can Wait』が公開されるという記事を読みました。
体験をもとに、ご自身で脚本を書かれたそうです。
そうよ、年齢を重ねてこそ描けるドラマも有るはず。Thank you, Eleanor!

シナリオを学び始めて七か月、胸の中に大それた夢がふくらみ始めています。
夢は見続けてこそ夢、ですよね?

研修科昼クラス・サイトウ、もがきながらも充実しています



posted by シナリオ講座 at 14:26| 17年春 第68期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする