2013年05月31日

5月23日(木)基礎科夜間部(平田)

今回は、古家先生の「細部の表現と技法」という授業。

古家先生は、授業開始の1時間前に突如、「今のドラマの決定稿を配ろうひらめき」と思いつかれたらしく、
「幽かなモバQ彼女」の第6稿、第7稿という、貴重な資料が配布されました。

◯「シナリオと小説の違い」
シナリオ=映像
小説=文章

◯シャレード=行動によって感情を伝える

◯「フラッシュと回想の違い」
フラッシュ=3〜4秒入れる効用で前に出て来たシーンを入れる
回想=視聴者がこれまでに観ていない新情報

◯発想の瞬発力、文章力、書くスピードの大切さ

以上、印象的だった内容を記してみました。
毎回大変興味深い内容なのですが、古家先生は何故かいつも、「申し訳なさそう」にされていらっしゃいます。
「うだうだですいません」、、、いえいえ、とんでもございませんあせあせ(飛び散る汗)
「この反応のない感じが何とも言えないですねー」、、、無反応で申し訳ございませんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

お人柄なのでしょうか…?
私は、最前線で書き続けられる古家先生のような方が、このような謙虚と申しますか、おこがましい表現ですが純粋な言動をとられることが、何より感激なのですぴかぴか(新しい)

この日古家先生は、「こだわりと柔軟性を持って書く」と仰られてました。
先生が脚本家として「いかに深く太いこだわりを持っていらっしゃるか、しかしとても柔軟に脚本家というお仕事をされていらっしゃるか」を感じられた授業でした。

古家先生exclamation×2
プロデューサーの方々の度肝を抜くような傑作をこれからも生み出してくださいexclamation×2


基礎科夜間部 平田


posted by シナリオ講座 at 19:19| 13年春 第61期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

5月23日(木)基礎科昼間部(中本)

今回は小川智子先生による「構成」についての2回目の授業でした。

題材に使われたのは、川端康成の小説「雨傘」。
簡単に物語を言ってしまうと、父親の仕事の関係で遠方に越してしまう少年が、
お互いに想いを寄せている少女と記念写真を撮る、といった内容です。

非常に短い短編にもかかわらず、とても深く印象を残す作品でした。
小川先生曰く、これは「掌の小説」という短編集の内のひとつで、
一個一個が独特なので、シナリオの題材にするにはすごく良いそうな。

この小説を使ってまず始めたのが、
“物語の背景を考えて膨らませていくこと”
時代・少年の家柄・少女の家柄・少年と少女はいつから知り合ったのか、などなど。
他の方々の意見を聞いていくと、十人十色というものなのか、
読んで受けたイメージは同じものもあれば、全く違うものもあり、様々でした。

ある程度意見をまとめたうえで、次に進めたのが、
“この小説をシナリオ化していくこと”
当然、原作には描かれていない部分を考えていかなければならないので、
ここで構成を考える事へと展開していきました。

シナリオを60分物として、見せ場の1/3を物語全体のどの部分に持っていくか。
単純ですが、それによって物語の描き方は全然違ってくるのだな、とかなり勉強になりました。

話は変わって、授業の後半には同じ基礎科の方が書いてきたシナリオを皆で評価をする、
といった事をしました。
他の方のシナリオを読んで自分の意見を述べていく事と、いずれは自分の作品も他の方から
色々と意見をもらう立場になる事を意識させるためのものだったようです。
身震いする思いですが、真摯に受け止めて精進していかなくてはいけませんね…。
これからも頑張っていこうと思います!

それではまた手(パー)


posted by シナリオ講座 at 14:16| 13年春 第61期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

5月16日基礎科夜間部(大野)

今日は塩田千種先生の『シナリオ構造論』の講義でした。
特にシナリオの(構成)について、たっぷり2時間の密度の濃い講義です。

こうやって文字で書くと内容が大変難しく硬く感じられますがそんな事はありません。
現在第一線で活躍されている先生が実践されてきた事柄をかみ砕いて話されるし、わからないことはその場で質問して、疑問を解くことができるからです。

今日取り上げたシナリオは鄭義信さんの『お父さんのバックドロップ』。
事前に資料として頂いたシナリオを元に先生と質疑応答を繰り返しながら進められました。

今日勉強した中で
一行テーマと三行ストーリーがとても参考になりました。
私は『お父さんのバックドロップ』を読んで
泣き、笑い、しっかりタップリ感動してから講座に参加したのですが
そのテーマを一行に、2時間の感動ストーリーを三行にまとめよと言われて
あれ、できない!!
自分の中にあふれる感動を短い言葉に置き換えることができないことに愕然としました。

でもいいんだよね、今勉強中なんだから!

講座が終わってから、先生をお誘いして皆で飲み会をしました。
講座と違って飲み会にはテーマはありません。
先生を中心にフリートークを楽しみました。
講座では絶対聞けない話だって、ここでは聞けるのであります。
仲間を求めてシナリオ講座に参加した私にとって至福の時間です!

では又!!



posted by シナリオ講座 at 15:13| 13年春 第61期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

4月25日基礎科昼間部(工藤聡子)

御機嫌よう。基礎科昼間部工藤です。

基礎科昼間部、講師のかたは、小川智子先生と長谷川隆先生。
最初の二週は小川先生の講義でございました。

基礎科最初の講義に使われた映画のタイトルは「風の中の牝鶏」
小津安二郎、脚本監督の作品で、87分(ぐらい)

戦後の東京に住んでいる、妻と子。
なかなか戦争から帰って来ない夫。
お金に困って着物を売り内職をして生活するも、子供が急に体調を崩し入院。
その入院費を払うため、嫁は一度だけ売春をしてしまう。
それから一か月もたたないうちに、夫は足掛け三年の帰還。
隠し事のできない嫁は、夫が留守にしていた間のことを聞かれたままに答え、そして二人はやむをえなかった売春の間で揺れるも、これを乗り越えて本当の夫婦になるんだと、誓い合う、要約するとそんな映画です。

なぜ小川先生がこの脚本を選んだのか、ということを、最後の講義の時おっしゃっていたのですが、理由は以下の三つだそうです。
1、この映画には回想シーンがない
2、ナレーションがない
3、先生が個人的に好きな映画

だからといっていい脚本ではないそうですけれど。
脚本家自身も失敗作だとおっしゃっているとか。

良いものだけを参考にする、と思っていても、その前に良い悪いの判別がつかなくてはいけませんよね。
まずはたくさん読んで、たくさん見て、良い 悪いの判別をつけれるところから頑張りたいと思います。

そして長谷川先生の授業については、次の基礎科昼間部の方にバトンタッチしようと思います。

いやあ、私事ですが、講義の間にある昼間部のお茶会がわたくしは毎回楽しみでなりません。まだ参加したことのない方は、一回でも参加してほしいなといつも思っております。
どんなことを考えているのか、どんなことを書きたいのか、そんな憩いの語り場になればいいです。真剣脚本家志望語り場です。

お一方の演説会になることもままありますが。笑
それもそれで、我々の個性なのであります。

来週の創作論は、わたくしの地元青森県で「奇跡のリンゴ」という映画の監督をされました中村義洋さんです。
この映画、エキストラとして参加していたのですけど、一番たくさんのエキストラを使うときの撮影だったようで、まあ、長丁場で大変でございました。
脚本だけでなく、映画の現場も、映画自体が、たくさんのエネルギーを使うものであって、映画の構成を作りたいわたくしは、そういう熱量も感じられるひとになりたいと思いました。

先週の創作論の井上淳一さんの映画、テアトル新宿で放映中の「戦争と一人の女」は、まさしくそんな熱量の感じることが出来る映画でございます。ぜひ、ご覧になってみてください。

それでは、この辺で筆を置かせていただきます。
基礎科昼間部、工藤聡子でした。



posted by シナリオ講座 at 19:07| 13年春 第61期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月24日研修科昼間部(石毛)

今回は井上正子先生の授業でした。

提出されたのはラジオドラマのシナリオ。先生の講評と生徒からの感想。
「これで何がやりたいのか教えて?」「この人物はどうしてこう考える人なの?」「なぜ?」「どうして?」
・・・いつもの事ながら、先生からの鋭い指摘に返す言葉も無く、言葉を失ってしまいます。

テーマ、人物設定、起こる事件やその他、全ての事を突き詰めて深く考えぬかないと、やはり見抜かれてしまうんだなと今更ながら再認識させられました。
そう思うと、いい加減なモノはやっぱり提出できない……シナリオに向かう姿勢が大事……軽い気持ちじゃ出来ない……シナリオって難しい……でも書かないことには始まらない。

他の人が出した作品の講評を聞いてるのも勉強になるけど、それが自分の書いたものなら更に勉強になる。何か言われるのはシンドイけど、何も言われないのはもっとシンドイ。折角お金払ってここに来てるんだから、何か言って貰ってそれを自分の力にしなければ!

講義の後は、先生と生徒でお茶会。時間が経つにつれ段々と深い話しになっていきました。


posted by シナリオ講座 at 14:58| 13年春 第60期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする