2012年08月28日

8月25日 研修科昼間部(松たかお)

親愛なる読者の皆さま、残暑お見舞い申し上げます。
そして、講座生活も残り1ヵ月となりました。早いものですね。
今日の講義は桂先生で、講評を受けるのは僕とkさんだ。kさんの作品はいつも大人っぽくて、大変勉強になる。
これまで提出されたプロットの中からシナリオ化に選ばれただけあって、今日(8月25日)の作品は、家で読んでいても唸らされる逸品だ。かたや、僕のほうは後で気がついたのだが、誤字・脱字が多く、以前、桂先生から指摘された課題も全て直せたわけではない。今回、提出は諦めようとしたが、勿体ないような気がして、無理に提出した。当然、講評も芳しくなく、後味悪い時間であった。
そして、今日は授業後、桂先生のお誕生日会を催すことになっている。先生、83回目の誕生日だ。
シナリオ会館から場所を都内某所に移動する。
誕生会が始まる。
「こんなことしてもらうなんて初めて」といわれる先生。
心なしかその目が潤んでいるような。
シャンパングラスでタワーを作り、タキシードに身を包んだ桂先生が最高級ドンぺリを上から惜しみなく注ぐ。シャンデリアの光に照らされる気泡はまるで光の粒のようで、なんという幻想的かつゴージャスな光景だろう。誕生会に出席した有志の口から自然とハミングが聞こえる。
それは……チャラチャラ♪チャラチャラ♪ラララ―♪
おお、こ、これは「ゴッドファーザー」のテーマではないか!!!!
桂先生がマーロン・ブランドにも、ん?あれ?デビィ夫人のようにも見える。一体、どうしたんだ、これは?
と、思ったら、ゆ、夢かぁ……
実際は「やるき茶屋」4階でチューハイと肴を少し、胃袋に入れた後、ケーキを切ってお祝いしたわけです。

katsura.jpg
桂先生とケーキ




posted by シナリオ講座 at 18:51| 12年春 第58期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

8月15日 基礎科夜間部(河村)

8月15日
本日は終戦記念日。
私は靖國神社へ行って参りました。
何千人という参拝者がおりましたが、あの黙祷の静けさ。
その瞬間には一服の涼風が吹き抜けていきました。
我々は本当に戦没者の方々やあの時代を生きた皆様に感謝をせねばなりません。
過去の人が生き、今の自分達が生かされている、そして私たちがまた一生懸命に生きて、未来の人達へ繋いでいかなければいけないのだと感じました。

この時期になると思い出されるのは山中貞雄のことです。
『丹下左膳余話 百万両の壺』
『河内山宗俊』
『人情紙風船』
日本映画を代表する傑作を残し、戦死した映画監督です。
28歳という若さでした。

現在、観ることができる山中貞雄作品はこの三本しか残っておりません。
百万両の壺には笑い、河内山宗俊では雪の降るあの場面の美しさ、人情紙風船の切なさや悲しみは平成の世になっても、
日本映画ではそれ以上を観たことがありません。

あの時代は遮二無二なってみんな映画を作っていた、家にいる時はひたすらシナリオを書いていた。

現代、この贅沢な世の中でシナリオを勉強をしている我々はもっと気を引きしめてシナリオに取りかからねばならないと痛感した日でした。

今回の講座は引き続き、60分シナリオのプロット講評でした。
先人が描いた作品に比べたら自分達のはなんとも拙く穴だらけかと恥ずかしい思いをしましたが……
ただどんなに荒くても、拙くても、そこに書き手の真剣さがあればいいんです。
例え、周りに笑われようが、自分が面白いと思うものに真剣に取り組んで一生懸命に書く。
今はとにかくそれでいいんです。そう思います。

シナリオは楽しいものです。
映画はどんな形であれ素晴らしいものでなければなりません。



posted by シナリオ講座 at 15:20| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする