2012年04月27日

4月25日 基礎科夜間部(安斉)

2012.4.25(木)あめ

斎藤先生の二回目の授業でした。

始まり早々に・・・・先週出た宿題のコピーたちが全員分配られました。

例外もなく、自分の提出した宿題もその中にあって・・・・・・・
(心の声)うわ・・・っ(-_-;)目を覆いたい感じでした。


が・・・案の定、先生からのご指摘「こんなセリフ言わないよな」
ははっ、仰せの通りでございます。(冷や汗のわたし)
なんであんなこと書いちゃったんだろーって後悔しても時すでに遅し・・・・。

今日の授業で特に印象に残ったのは・・・

映画(やドラマ)は「言葉はなくても観客に伝えたいことは届く」ということ。

確かに・・・・思いおこせば・・・

敬愛してやまないクリント・イーストウッド監督の『グラン・トリノ』
イーストウッド演じる主人公のラストシーンは何も言葉はなかったけれど、見事に彼の生き様
(人生のすべて)を見たし・・・

『ニュー・シネマ・マラダイス』では
主人公の映写室で上映されていた、つなぎ合わせたラヴシーンの数々・・・セリフはなくても涙が止まらなかった・・・・

小津安二郎の『東京物語』
笠智衆が、普通にただ一人、自宅の茶の間に座って団扇であおいでいるだけのシーンでさえもグっときた・・・

どんどん、思い浮かぶ。映像ってスゴイ!

いや、いや感心している場合ではないのです。

ふとsteve jobsのスタンフォード大学のスピーチを思い出しました。
「connecting the dots」の話。彼の人生の岐路を三つの点になぞらえた
スピーチです。三つの点で彼の人生が一本の線になったと。

映画も、「脚本」・「監督」・「役者」の三つの点がひとつの線に並ぶことが出来た時に
『名作』が生まれるのかもしれないなと思いました。

せっかく勉強を始めたのに、レベルが高くてついて行けるだろうか・・・・かなり臆病になっている私。
すっかりお気楽モードで入学してしまい・・・なんでここにいるんだろう?と場違いな感じに怖気づいています。

どうしよう・・・これから・・・・
「stay hungry stay foolish.」
でも、steve jobsのメッセージがちょっとだけ勇気をくれました。
映像もすごいですが言葉のチカラもやっぱりすごいものです。

追伸:
あんなに大量の宿題を読んでくださった斎藤先生、どうもありがとうございました。
ふつつかな生徒ですが、どうぞ、これからもご指導下さいますようよろしくお願い申し上げます。



posted by シナリオ講座 at 13:38| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

4月21日 やる気、ありマス(研修科夜間部)

「テーマがつかみきれていない」

というのが、今日の講評で加藤正人先生に指摘されたポイントの一つでした。
はい、肝に銘じておきます。

いやいや、それにしても、皆さん、やる気がみなぎっています。
今日は、シナリオ1本、プロット4本の講評……ということは、開講式の1週間後にこれだけの作品が提出されたということなんですよね。

5本もあると、単純計算で1本あたり24分しか時間がありません。
2、3人がコメントした後、先生が講評という形になりました。

おおーーっ!
ふぅーん。
そこかー!
などと、ほかの人のコメントに、こっそり一人で盛り上がっていましたが、皆さんのコメントはすべて、自分の作品に活かされるはずです……たぶん……きっと……
ちなみに、私は作品を提出していませんので、コメントは他人の作品に対するものです。

講評の流れの中で、先生が『シナリオ構造論』(野田高梧 著)からストーリーとプロットの違いを説明してくださいました。
まだまだ、プロットになっていないということなんでしょう。
プロットも提出していないお前が言うなという話ですが……

また、シド・フィールドの著作から、まず決めなければならない4つのシーンの話をしてくださいました。
このへんがあやふやなままだと何を書いているのか、どこへ向かっているのかがはっきりしないということなんですね。
はい、メモメモ。

時間が足りなくなったので、5つ目の作品の講評は場所を変えて少しだけ続きます。
「やる気茶屋」という居酒屋です。

さて、ここから楽しい時間のはじまりはじまり……
あ、誤解のないように言っておきますが、教室での講座も楽しいんですよ、もちろん。

こちらの「やる気」では、先生が最近書き上げたシナリオの話を聞きました。
シナリオを書き始めるまでに、どのくらいの時間を資料やハコ書きに費やしたか。
むぅぅ、そんなに……
ともすると“何か”シナリオ(らしきもの)を早く書きたいと思ってしまうのですが……その前にプロットをきっちりやれと。
はい、了解しましたです。

実はここでの話のほうが教室での話よりも……
なんてことは思いもしませんが、たとえ思ったとしても口が裂けてもそんなことは言えません。
だから、書き記すだけにしておきます。

まだまだ、始まったばかり。
お互いがいい刺激になるよう、私も頑張ります。

第58期研修科夜間部 ヨイクを歌う仔トナカイ
※ヨイクとは北欧の先住民族の民族音楽。もちろん、トナカイは歌いません、いや、歌えません。


posted by シナリオ講座 at 13:18| 12年春 第58期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

4月18日 基礎科夜間部 基礎講座初日(吉田一人)

基礎科夜間部一発目のブログの指名を受けたのは、
やはり初めての基礎講座が始まる直前に事務局にDVDをレンタルしに行ってしまったからなのでしょうか?
…という個人的な話はさておき、


4月18日、基礎科の授業がいよいよ始まりました。

初回のこの日から3回の基礎講座は斎藤久志先生が担当してくださいます。

この日はまず、先生が以前に書かれたテレビ用の脚本が資料として配られ、それを受講生それぞれに役を振り分けての本読みを行いました。
僕はト書き部分の担当だったので正直安心しましたが(笑)、実際に台詞をいう役になった方はすごく自然に演技されていて、あれ?ここ役者コースとかじゃないよね?…、と一瞬思うほど。
昔の映画の撮影所では脚本家が自ら皆の前で本読みをしたと聞いたことがありますが、僕はほんのちょっとのト書きだけでもいっぱいいっぱいでした。

続いて、皆で読んだ脚本を実際に映像化した作品を鑑賞。
観終えてから先生が、この脚本が実際に映像になった時の流れやエピソードなどの解説をしてくださいました。

最後に全17ページの漫画をプリントしたものが配られました。
この漫画は以前に先生が映画化したことのある漫画とのこと。
そしてここで早速、初めての課題が…

「この漫画を脚本にして提出。締め切りは明後日」

ぎょーーー!いきなり締め切りに追われることになるとは!(緊張感が足りなくてすみません汗)

先生から脚本の定式をざっくりと教えていただいたものの、正直書けるかなぁと思ったのは僕だけでしょうか?
漫画自体も微妙な雰囲気を醸し出していて難しそうだし…。

しかし、斎藤先生曰く「脚本は実際に書いて覚えていくしかない」とのこと。

でも考えてみれば、右も左も分からない現時点では、間違ったって失敗したって当たり前なわけですし、たいして恥ずかしくもない。
実際にやってみてから、ここは違う、ここはこれでいい、こういう書き方の方がいい、と体で覚えるわけですね。
そう割り切ってしまえば、各々自由に書いたもの、その違いを見るのも逆に面白そうな気もします。

失敗しないと何も始まらない、ということかなぁと(勝手に解釈)。

というわけで、この講座期間中は猪突猛進であっちへぶつかってはころがり、こっちへぶつかってはころがり、失敗しまくってもめげずに粘り強くやってみよう!…と思った基礎講座初日でした。



【プロフィール】第59期基礎科夜間部 吉田一人
基礎講座初日に借りたDVD 『戒厳令』(別役実 脚本、吉田喜重 監督)



posted by シナリオ講座 at 14:40| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

4月13日 基礎科開講式(相川綾香)

◇4/13(金)昼の講義について

脚本家の鈴木智さんと今井雅子さんが、
今回シナリオ講座第59期基礎科昼間部の担当講師をしてくださるということ。

今期の流れと授業の流れをザッと説明してくれた後、
お互い受講生たちも自己紹介をした。

合間合間で鈴木さんと今井さんが脚本家のいろはや裏話を
交えて話してくれ、皆これだけでもかなり勉強になったと思う。

これからの授業は鈴木さんか今井さんのどちらかが来る授業になると
思うので、初回は貴重だったのだと感じた。

気合いが入ったのでがんばっていこう!


◇プロフィール
相川綾香 26歳
シナリオ講座第59期基礎科生



posted by シナリオ講座 at 12:58| 12年春 第59期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

4月7日 研修科開講式・お花見(仁鬼校輝)

2012年4月7日(土)
お花見 

「雀の巣」主催による花見会が、シナリオ会館近くの公園にて行われる。
作協会員の先生方、講座生、講座修了生を中心に、58期研修科昼間部の先生方、生徒の方々も駆けつけてくださり賑やかに始まる。
土曜の午後三時、天気はちょっぴり明るめの曇り。
お酒を手に 乾杯!
そのうちに自己紹介がはじまる。
様々な生きざま。話し方。笑い方。仕草。

去年を思う。
悲しみを感じ、怒りを感じ、無力さを痛感していた去年の今頃。
桜は去年も今年も同じように咲いている。

さまざまの事おもひ出す桜かな   松尾芭蕉

(松尾芭蕉が45歳の時、故郷の伊賀上野で詠んだ句)

これからどういう桜を見ていくのだろうと思いつつ、酒をグイッと。
キターッ!これこれ。五臓六腑に染み渡るこの感覚がたまらない。

花見会を企画・開催してくださった先生方、本当にありがとうございました。



2012年 4月7日(土)
開講式・研修科夜間部

花見会の二次会を途中で抜け出しダッシュ。
ネパールからシナリオ会館へ。
5分前に駆け込む。
花見帰りなので持っていたバッグからは酒の一升瓶がひょこっと
顔をだしている。

前の机に座られている先生方。
大原久澄先生、加藤正人先生。
田部俊行先生は今日は欠席とのこと。
開講式が始まる
最初に先生方のお話があり、次に自己紹介。
休みの方もおられたが、58期研修科夜間部は総勢15名。
ライバルであり、かけがえのない仲間。

先生方の話は授業の進め方と、プロットの話、心構えなど。
・プロットで作品の面白さを伝える。
・面白くないプロットはテーマ、構成に問題がある。
・半年はあっという間。一日一枚でもいいから、とにかく毎日書く。
・授業の前までに、授業で取り扱う作品は読んでおくこと。

心に刻む。

開講式が終り、研修科夜間部の数名と再びネパールへ。
来た時より賑やかな店内。
いつの間にか、店内を占拠している大人数のグループ。
どうやら婚活のイベントらしい。
婚活→夫婦→けんか、と連想し、今朝、来る前に観た「おとなのけんか」を
思い出す。月刊シナリオ5月号の中で桂先生が受講生は見ておくように言われている作品だ。
自分の中では、今年観た映画の中で一番の作品。

それはさておき、飲み会のほうは途中から加藤正人先生も来て下さり、
58期研修科夜間部のメンバーも一段とテンションがあがる。
ありがとうございます。加藤先生。
楽しい話とともに過ぎていく時間。
あっという間にお開きとなる。
                以上。

4月14日の講義は田部俊行先生。
「筆は一本、箸は二本、衆寡敵せず」
「悪魔に委ねよ」  (2010年2月9日 講座ブログより)
愉しみです。

58期研修科夜間部 仁鬼校輝(にきこうき)



posted by シナリオ講座 at 19:37| 12年春 第58期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする