2010年07月07日

「ハコ」の大切さ(研修科夜間部)

こんにちは
酒匂、2回目のブログ当番です。

今日は、6/16の桂先生の授業の事を書きたいと思います。
この日の授業は2時間すべて、ある1作品についての合評でした。

なので、桂先生は作品についてじっくりと指摘をしてくれました。
そして、授業の中で「ハコ」という言葉が何度も何度も出てきました。

そして、
『ハコができない人はプロになれない』
この言葉が心に強く突き刺さりました。

私もまだ、ハコの書き方がよくわかっていません。
自分の未熟さを痛感しました。

桂先生は、
「ハコは水先案内・地図。だから、ハコはきちんとやって欲しい。」
ともおっしゃってました。

「ハコ」、この言葉を数え切れないほど聞いた授業でした。
う〜ん、もっともっと勉強して「ハコ」ができるようになり、
そして、プロにならなければ。

酒匂彩子(第54期研修科夜間部)
ジブリ最新作「借りぐらしのアリエッティ」試写会に行ってきました。
個人的には、ハルのキャラクターが好きです!こういう人を書けるようになりたい!


posted by シナリオ講座 at 18:19| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする