2010年07月24日

7/20、21のこと。(研修科夜間部)

梅雨が明けて暑い日が続きますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
今週のレポートは朴が担当です。

火曜の創作論講義は斉藤ひろし先生の授業でした。
私は先生が脚本を担当された『きみの友だち』(08)から深い感銘を受けたので、授業を心より楽しみにしておりました。
残念ながら仕事のため最初の15分遅れて参加し、先生の脚本家になる前のエピソードを聞き逃しましたが(泣)、その後はいろいろ面白くて貴重なお話をお聞かせいただき、参加して本当に良かったです。ありがとうございました。
『余命1ヶ月の花嫁』(09)の自転車のシーンの大切さについてのお話は、とても印象的でした。

水曜は掛札先生の授業でした。
今回は作品2本です。
このブログで授業の様子を報告せねばと、私が客観的にみて改めて感じたことは、一人の作品をみんながよくなるために読み込んで、誉めたり、アドバイスしたり、駄目だししたり……、そして生徒と先生の意見が食い違うこともあったりと、教室にいるみんなが真剣そのものということです。
時折、作品に対する意見の中に「自分には書けない」というのがありました。
年齢、職業、バックグラウンドなど様々な生徒さんが集まっているので、内容も多様で、勉強になります。
来週は全く異なった内容の提出作品がたくさんあるので、どんな授業になるのでしょうか。楽しみですね。
ちなみに最近“私には書けないけど、こんな作品を書きたい!”と思った映画は只今公開中の『闇の列車、光の旅』(09)です。


今日からSKIPシティ国際Dシネマ映画祭に出かけます。
皆さん、良い週末を。


posted by シナリオ講座 at 18:21| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

三幕構成のススメ(研修科夜間部)

こんばんわブログ委員?の酒匂です。
ブログももう、3回目です。

今日は、先週の7/14のことを書きたいと思います。

7/14の小川先生の授業では、3人の生徒の作品の合評が行なわれました。

ある作品のシナリオがわかりにくい…となり、
先生が生徒に質問しながら、黒板に大きく3つに分けたあらすじ書きました。

そう、これは「三幕構成」「序破急」の事です。

先生が書いた3つのあらすじ、確かにわかりやすい!

「シナリオは結局はコレ!
 ここに到るまでを書くのがシナリオ!
 簡単に成し遂げたら、つまらない」
との事でした。
この言葉が、心に強く響きました。

「脚本を書く前にこういう事をやるとよい」と聞いて、
確かに…私はやったことがなかったな、今度からやろうと思いました。

先生は「難しいけれど、たくさん書いて覚える。私もまだまだ勉強中」と
おっしゃっていました。
先生でも勉強中…だったら、私はその何倍も勉強しないとって
反省をした授業でした。

頑張れ、自分。

酒匂彩子(第54期研修科夜間部)
最近NHKドラマ「ゲゲゲの女房」にはまってしまい、鬼太郎茶屋に行ってきました
水木しげるさんの凄さに、圧倒されました。


posted by シナリオ講座 at 18:21| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

自分と向き合うこと(基礎科昼間部)

どーもこんにちは。小谷です。
投稿がなんやかんやで遅くなってしまいすみません。

実作指導に入って1ヶ月以上経ち、
皆さん試行錯誤していることと思います。
プロットを書き、先生のOKが出たらシナリオを書くという流れですが、
なかなかシナリオまで辿り着くのが難しいです。

私は先日プロットの指導を受け、いろいろ考えさせられました。
先生を始め、生徒の方たちの意見を伺い、
自分には見えていなかったことが見えました。
1番大きかったのは、
登場人物を他人だと思って書いていたつもりが、意見や質問に答えていく中で「この主人公は自分自身だ」と気付いたことです。
無意識の内に今まで自分の中で消化できいない気持ちや問題意識が登場人物を介して語られていることに気付いたのです。

当然シナリオを書く人は意図的にそうやって書くのでしょうが、私は完全に今回それを意識していなかったのです。
登場人物(特に主人公)は自分の中から生まれてくるのだから、
自分に似るのは当然かもしれませんね。

しかしそれに気付くと「この登場人物は何でこうしたの」「甘いんじゃないの」「理解できない」という意見があると、それはそのまま自分自身に言われているような気がしてきます(皆さんは作品の人物に対して言ってくれているのですが)。
そうすると「自分は何がしたいのか」「何が言いたいのか。本当に言うべきことがあるのか」「そもそも自分が人様に何かを発信したいなんて驕りではないのか」と負のループにはまっていきます。
正直、自分の中は突き詰めていくと空っぽな気がして
授業の後、「私は誰、ここはどこ」状態になりました。

シナリオを書くということは恐いことだと思います。
自分を丸裸にして、「これが自分だ」と世の中に偉そうに(人によってはおずおずと)意思表示するわけですから。
しかも登場人物を通して、自分の知らない自分、知りたくなかった自分にも向き合わないといけません。
自分というものをしっかり持っていないと、シナリオに食い殺されてしまいかねないと思います。

それでも書きたいと思うってことは、何か言いたいんだと思います。
それが見つからない限りはいいシナリオは書けないのかもしれなせんが。
でも「自分とは、人生とは」ということを完璧にわかっている人は
なかなかいないと思うし、そんな完璧な人が訓示するようなシナリオが
面白いとは思わないし・・・
だから訳がわからなくなりながらも、皆試行錯誤して書くんだと思います。
私もそうやってこれからも書いていくんだと思います。
登場人物に負けないように頑張ります。

私のプロット同様まとまりがない文章ですみません。
完全にぼやきになってしまいました。
とにかく、良いシナリオが完成できるように切磋琢磨しながら
皆さんと一緒に頑張っていきたいと思っているので
これからも宜しくお願いします!

小谷 香織


posted by シナリオ講座 at 17:54| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

他人に褒められる幸せ(研修科夜間部)

暑いですね〜。
地球温暖化の影響ですかね?
お互い体調管理、工夫しましょうね。

講座も残り2ヶ月、9月末には修了ですので
少し気合を入れていきたいと思います。
おまえはどうかと聞かれそうなので、報告しますと
先週、新作プロットを出しました。
来週講評をいただき、8月中旬までに初稿を出したいと……(^^♪

今回は7月7日の講義について書きます。担当は桂先生。
複数の提出作品がほぼ賞賛の嵐という感じでした。
先生だけでなく、大半の生徒さんも、もちろん、僕も。
素直に、おめでとうございます!ヽ(^o^)丿

なんといっても、他人から褒められるのが一番元気になります。
自分が面白いと思って書いたものを他人に面白いといってもらえる幸せ。
《作者冥利に尽きる》ということでしょう。

提出した一人の方は、講座での意見や批評を聞いて
一所懸命、直されたそうです。素晴らしいですね。ではでは。


posted by シナリオ講座 at 18:20| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

自分にしか書けないもの(研修科夜間部)

こんにちは。
はじめまして。
最後のブログ委員の新谷といいます。


今回のブログでは、6月30日の講義について書きます!!


知っている方もおられると思いますが、
研修科では、毎回提出された作品の講評します。

そして、今回はタイミングよく自分の作品の講評の番でした。


最初に掛札先生からの意見を聞き、
そのあと他の生徒さんからの意見を聞きました。
みなさん、毎回熱心にあたたかい意見を言って下さいます。


そこで僕が毎回思うのが、意見は選ばなくちゃいけないということです。
みなさんの意見はすべて有り難いものとして聞いています。


ただ一人一人の意見をすべて取り入れたとしても、
いい作品になるわけじゃないからです。

だってそんなことしたら、誰が書いたっていいってことですから。

自分にしか書けないもの。
僕はそんなシナリオを書きたいと思っています。


さて、僕の作品の講評ですが……


みなさん僕の作品には「さわやか」とか「ピュア」といったイメージがあるようです。
これは僕は狙っているわけではありません。
でも、にじみ出て欲しい部分ではあります。
なので、嬉しいです!!

他にも有り難い意見をたくさんいただきました。
書き直すときや、新しい作品を書くときに参考にしたいと思います。
ありがとうございました!!!

そして帰りの電車の中で掛札先生に言われた言葉を忘れずに、
これからも頑張っていきたいと思います。


新谷辰雄(第54期研修科夜間部)


posted by シナリオ講座 at 18:19| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする