2010年06月24日

6/24(木)(基礎科夜間部)

6/24(木)

はじめまして。

田口敬太と申します。


ブログ委員というものになったものの、何も書かないままひと月が立ってしまいました。

これではだめだ。

これからは、時間があるときには、なるべく更新していこうと思います。

宜しくお願いします。


今日は、那須先生の講義でした。


前半は、10分〜15分程度の短編作品の講評。

この講座の一番最初の講義で出された課題。テーマは別れ。

僕は今まで2回直して、今回、最終的な講評を頂いたのですが、

今まで、一貫して『テーマがよくわからない」と言われてきて、自分なりに考えてきましたが、やはり、まだよくわからない。

物語のテーマは何か。物語で何を言いたいのか。何を伝えたいのか。

まだよくわからない。あることにはあるのだろうが、ちゃんと言葉にならない。


自分なりに考えてみたところ、

今の自分は、ただ映画が作りたくて書いているというのが正直な気持ちです。

脚本を書く動機として、作品を通して何かを伝えたいということではなく、ただ作りたいということで書いている。

それだけでは、だめなんだということを、わかってはいても……

とりあえず、今回の短編は自分で撮って作品にしてみました。

実際に作品にしてみて、脚本として足りなかったこと、今日の講義で先生が言っていたことが、よく理解できました。

これから長編を書くときの課題になりそうです。



後半は、グループごとに出された課題をもとに、

「アクションとは何か」

ということについて考える時間でした(自分なりの解釈なので、間違っていることもあります)


アクションとは何か

拳銃でドンパチ、刀で切り合う、素手で殴り合う、カーチェイス、セックス

あらゆるアクションが行動である。

行動がなければアクションにならない。

アクションとは、行動して、衝突すること。

映像は、映画は、アクションを映すものであるから、アクションを作るうえでは、そのアクションをどう表現するかが一番、重要になってくる。

しかし、その行動が起こる、きっかけ、動機、理由も、アクションにはなくてはならない要素である。(これは、アクションに限らず、全てのジャンルに通じることであると思いますが)

神々と人間の戦い、楽しみです。

田口敬太


posted by シナリオ講座 at 18:13| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

6/8、9のこと。(研修科夜間部)

こんにちは、研修科ブログ委員三番手の朴です。
私は今回研修科から受講している、新参者の一人です。
はじめてなので、火曜日の創作論講義も毎週通っています。
基礎科の皆さんも、どうぞ宜しくお願い致します。

先週の授業のレポートです。
6/8(火)の創作論講義
映画監督サトウトシキ先生『ピンク映画の創り方』
この講義については基礎科の谷さんが詳しく報告されているので、私からは簡潔な感想を。
この授業ではあるピンク映画を一本鑑賞しました。その後、先生から“濡れ場の入り方”を問われましたが、生徒さんからはなかなか答えが出ず……。私もはっきりわかりませんでした。この映画ではそれが自然で、個人的にはじめてピンク映画を拝見しましたが、私が思っていたものと違ってドラマがあり、ある意味衝撃的でした。今後はその自然な濡れ場の入り方というものに着目し、いろいろ観て学びたいと思います。

6/9(水)
この日は掛札先生による授業で、5作品の講評が行われました。
私を含め、事前に配られた提出作品を全部読んできている生徒さんが少なく、意見もまばらでした。先生からある作品について「朴さんはどう思う?」と聞かれても、読んでいなかったので何も意見が述べられず、反省しました。そして講評の時には、意見を述べる生徒さんからよく既存映画のタイトルが出ます。未見のものや知らない名前が出てくることもしばしばありますが、イメージを共有する一つの手段なので、ノートにとってレンタルしたいと思います。
授業後は飲み会です。今回何か写真をアップしようと思いましたが、飲み会ではNGが出ましたので(笑)、また次の機会に。

基礎科に滋賀県から夜行バスで通われている方がいることを知り大変驚きました。見習って気合い入れて頑張りたいです。
拙いレポートですみません。次のブログ委員にバトンタッチします。
明日の創作論講義は天願大介先生です。

いつか生徒の皆さんで映画を観にいけたら幸いです。


posted by シナリオ講座 at 18:18| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

どーも。(基礎科昼間部)

ブログ担当3番手、谷英明と申します。

プロのシナリオライターを目指して入学された同期の方々に比べれば、私は不純な動機で入学してしまいました。おそらく2ヶ月前の私と同じように、一歩踏み出そうかと迷いながら、今このブログを読んでいる方々は少なくないと思います。実際私もそうでした。

安心して下さい。踏み出して見て下さい。それだけの価値は十分にあります。

私は決して学校の回し者ではありません。


6月8日の創作論講義は、サトウトシキ監督による「ピンク映画の創り方」である。いろいろな意味で刺激的な2時間であった。

授業も終わりに差し掛かった時、先生が私達に質問をした。

「SEXシーンを描くとします。あなたならそのSEXシーンの前にどのようなシーンを描きますか」

今まで考えたこともない発想だったので、私は先生に指されないようにと、この世の終わりのような表情をつくって下を向いていた。
その甲斐あって指されることなく無事授業は終わったが、なにか心に引っかかるものがあった。



向田邦子の数ある名作の中に、こんな話がある。

夫も子供もいる女がある男と出会う。男は末期癌の画家である。安定した生活だが、どこか刺激を求めていた女は男に惹かれていく。
やがて女は夢から覚めるように男と別れ、夫の元へ帰っていく。

ほんの3日間の出来事である。

読み終わってもどこか腑に落ちなかった。確かに女は男に惹かれ、男も女に惹かれ、不倫は成立した。そう感じた。
ただそのきっかけとなる明確なシーンや、台詞のやり取りがあったであろうか。思い出せない。それどころか結局二人はキスもSEXもしなかったはずだ。にも関らず妙に生々しさを感じた。

なぜ自分がそう感じたのかを確かめたくて始めから読み返した。愕然とした。やはり明確なシーンはない。ただこんなト書きがあった。

ト書き直前の流れは、ひょんな事で男は病院に行くことになり、女は付いていく事になる。女は診察が終わるのを廊下で待っている。
(因みにこの時、女と男は出会ってほんの2・3時間である)

●病院 廊下
待っている女
持っている男の上着に絵の具がついている。
こすってみる。
自分の絆創膏をはがし、汚れをこする。
衿の匂いを嗅ぐ。
バックから時計を出す。
革のベルトの匂いを嗅ぐ。 
(この時計は男が直前まで身に付けていた物である)


このト書きだけで、私はその女の性欲を感じ、勝手に不倫を成立させてしまったのである。
どうしたらこんなト書きを思いつくのかと、その時はただただ愕然とするのみだったが、今回先生から色々とお話を伺って、すこし分かった気がする。

野暮なシーンを創らなくても不倫は成立させられるのである。そのきっかけとなる何かを、その前にちゃんと描けてさえいれば。

もしあの教室に向田邦子がいたなら、先生の質問に臆することなく、自ら手を上げて、堂々とこのト書きを回答としてぶつけたであろう。

いきなりSEXと言う言語が飛び出したため、柄にもなくあたふたしてしまた。今思えば「ピンク映画の創り方」と銘打って講演にいらっしゃっているのだから、そのくらいの言語は飛び出して当然である。

創り手の思考回路になるまではまだまだ程遠い。
大切な視点が抜けていた。

自分が創り上げようとしている人物に問いかけてみる。

おまえは童貞か?処女か?
初体験いくつの時か?相手は年下か?同級生か?年上か?
最近SEXしたのは?
好きな体位は?
欲求不満か?満たされているか?
最近見たエッチな夢は?
性癖は?
興奮するシチュエーションは?


いつかあんなト書きが書けるようになるかも知れない。なりたい。

そんな6月8日でした。


どうしても引っ掛かりが取れなかった私は、授業終わりに先生にアタックした。入学以来初めてだった。
先生は私の拙い質問に丁寧に答えて下さいました。気がつけば30分をとうに越していた。

この場をお借りしまして、サトウトシキ先生ありがとうございました。


posted by シナリオ講座 at 17:53| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

小松先生とお茶☆(基礎科昼間部)

こんにちは。ブログ担当、二番手のサイトウです。

さて、ご報告が遅くなりましたが、
先週の木曜日は念願の小松與志子先生とのお茶会でした。
場所は教室の近くのカフェ。

じつはとっても小松先生とお話するのを楽しみにしていたワタシ。

それは先生がかねてから
「子育てが一段落してからシナリオの勉強を始められた」
というお話を耳にしていたから…。


家庭をおもちになりながら主婦業もしつつ、
プロになられた小松先生のシナリオを書くきっかけや動機、
そして先生がどんな方法で勉強を続けられてデビューされたのか、
生徒としてはもちろん、同性としてとても興味があったのです。

小松先生は主婦として家事をやりながら
基礎科と研修科で学ばれたあとも、
ずっと有志で集まりシナリオを何本も書き続け、
お互いに持ち寄って意見を言い合っていたこと。
また、お子様にも読んでもらい、
家族にも協力してもらっていたことなどなど…。

シナリオを書き続けるためにより良い環境や、
モチベーションの保ち方を具体的に
先生の場合をいつもの明るい口調で楽しく話してくださり、
モヤモヤしていたわたしにとってはとても励みになりました☆

また、このお茶会に参加されたみなさんの志望動機も
ひとりづつ話すことになり伺えたのですが、
「“シナリオ”を書きたい」
という同じ気持ちにたどり着くまでの経緯が
みなさん様々で、こちらもとても興味深かったです。

結局、時間が過ぎるのは早いもので、
二時間近くあっという間に過ぎた小松先生とのお茶会でした。

またあるといいな…。

担当:サイトウ(第55期基礎科昼間部)


posted by シナリオ講座 at 17:52| 10年春 第55期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

ただいるだけの人物は出さない(研修科夜間部)

こんにちは。
このたび、研修科・夜間の受講ブログ員になりました加藤文男です。
初めてのブログになります。よろしくお願いします。

私は2日(水)の小川智子先生の授業についてリポートします。

講評された作品は2本。毎回ほぼ20人近い受講生が参加しているという事情もあり、一つの作品にかける時間が1時間程度になることもあります。

提出者にとって講評時間が長いということは、それだけ多く色々な意見を言ってもらえるわけでラッキーだったと思います……。

私の印象では、皆さん、本当に熱心に他の人の作品を読まれ、率直かつ誠実に自分の考えや疑問、意見などを披露していました。

中には、まるで自分の作品であるかのように真剣に、○○すべきだ、○○がない、○○のほうがいい、と直言する場面もありましたが、聞いている側もまた真剣に真正面から受け止めようとしており、親しさの中にも凛とした緊張感が漂う、教室の雰囲気でした。

今回、小川先生の発言や受講生とのやり取りの中で感じた点、ポイントだと思った点についてまとめたいと思います。

先生が強調されていたのは「登場人物の掘り下げ」の大切さでした。

当たり前の話ですが、人は皆、過去を背負って生きており、今の生活や行動原理もその結果だと思います。

そうした過去の設定や事情の一つ一つが今、ドラマを見ている観客に、わかるように書かれなければならない――。今風の言葉を使うと、キャラクターの「見える化」ということでしょうか。

私も過去に、物語を進行させるためだけの、のっぺらぼうな人物になっていると指摘されました、非常に耳が痛いです……。

自分の描きたいテーマ、ストーリーに沿って、人物を登場させ、行動させるのですが、そのとおり行動している人物が、よくわからない、人間としてのリアリティー、魅力、面白みがない状態だと、観客はその人物に対する興味をなくし、それ以上ドラマの中に入っていくことができなくなる、受講生同士の会話の中で「主人公がわからなかった。ドラマに入っていけなかった」という話が出るゆえんでしょう。

主人公が作者の操り人形になっている……私も過去に何度も指摘されました。きっと、ここを乗り越えないと、シナリオは書けないということなのだと思います。自省します。

そのほか私が印象的だったのは、小川先生の「たとえ、1シーンか2シーンしか出てこない人物にも、意味づけが必要」という言葉。

「ただいるだけの人物、たとえば、主人公の話を聞くためだけの人物は出してはいけない。出す以上は、何か役割を与えること」

私の理解では、意味づけとは、主人公が抱えている問題や事情に何か影響を与える存在でなければならないということ。

たとえ、1シーンか2シーンしか出てこなくても、主人公に何か気づかせるなり、その心理と行動に変化をもたらすのでなければならないということでしょうか。

登場人物の気持ちや置かれた状況、事情を手っ取り早く説明するため、単なる友人などを出すことを、私もやってきているので、恥ずかしい限りですが、それがいかによくないか、ドラマの質を損ねるかということを知らされました。気をつけたいと思います。

長くなりましたが、以上でリポートを終ります。
正直、最初はブログを書くのをためらっておりましたが、自分の中で改めてポイントを整理できたので、書かせてもらってよかったと思います。

次回は、自分の提出作品の講評についてリポートできれば、それもそれで面白いかと思います。

最後に読んでくださった皆さんに感謝します。ありがとうございました。ではまた教室で。


posted by シナリオ講座 at 18:17| 10年春 第54期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする