2017年06月28日

基礎科昼クラス パーペキK


「シナリオを書けるようになりたい」
ノってるライター岡田惠和さんの朝ドラ「ひよっこ」のごとく
気合を入れてイバラキ村から赤坂の作協に足を運んで早3ヶ月。

4、5月はシナリオでいう起の部分で、
基礎説明のソフトランディングでした。
原稿用紙の書き方、素材やテーマ、セリフト書きについてなど 
初心者の私レベルにも分かりやすく講義をしてくださいました。
(東京の人は優しいです。おとうさん)

私たちの昼クラスの講師は一線で活躍されている
シナリオ作家の長谷川隆先生森下直先生
映画の感想や3行ストーリーの宿題もなんとかこなし、
ていうかやはりド素人の感性の域を脱せず。
(とにかく沢山の映画をみることです)

雲行きが怪しくなったのは、5月終盤のプロット作成から。
セットアップが終わって、承の部分に突入といったところかでしょうか。
何とか初めてのプロットをヒーヒー言いながら提出しましたが・・・。
予想通りのご指摘をガッツリ頂戴しました。その後のリライトも・・・。

それでも長谷川・森下両先生方はメチャメチャ優しい口調なので
ゲキ落ちに至らなかったのは助かりました。
(これからドMの世界に導かれる覚悟はできています)

葛藤 対立 リアリティ 共感はあるのか
なかなか思うように運ばない。アイデアが浮かばない。
(そう、それがカセの設定というものです)

あと3ヶ月でシナリオを書きあげられるか不安ですが、
なんとか先生方にしがみつき「殻を破って成長」するよう頑張ります。
そして9月に、「ひよっこ」と一緒に笑顔で卒業すっぺ。

(了)






posted by シナリオ講座 at 17:55| 17年春 69期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

6月15日基礎科夜クラス(棚橋ますみ)

今回は札幌在住の私が何故、赤坂シナリオ作家協会の講座に通う事になったか、お話させていただきます。

昔々、「シナリオ作家協会」の夏期講座に申し込んだ私は、東京駅から会場である湯河原行きの電車に乗っていました。
「隣に素敵な人が座るかも」わくわくしていました。
隣にやってきたのは、小柄な初老の男性でした。
がっかりしましたが気を取り直し、初めて買った「月刊シナリオ」を読み始めました。
男性もぶ厚い本を読み始めました。風呂敷包みを結んだまま器用に本を取り出したのです。
やがて電車は湯河原に着き、男性は再び結んだままの風呂敷包みに器用に本をしまいました。
変な人」と思いました。

駅前で私はバス停に、男性はタクシー乗り場に向いました。突然閃きました。
「あの人意外とお金持ちだな。ん?あの人新藤兼人だ!」
2時間、新藤監督の横で威張って月刊シナリオを読んでいたのか、恥ずかしい。

2泊の講座は楽しく受けました。帰り道、勉強を続けると話す東京チームが羨ましかったものです。
札幌で一人になった私はその日1日聞いた会話、見かけた出来事全てをノートに書き込むという暴挙に出て、1年で自滅しました。
湯河原の事も幻となりました。

それから幾年月。札幌の凍った道で滑りガンと頭を打った私は、「東京のシナリオ教室に通おう」と閃きました。打ち所が良かったか悪かったかは謎です。
たったったっと新千歳空港に向かい、勝手にいくつかのシナリオ教室の建物を見学しました。
シナリオ作家協会は本命だったので、一番最後です。

年代物の地下鉄を乗り継ぎ乗り継ぎ、夕暮れの中、赤坂のシナリオ会館に辿り着きました。
でも、建物内のどのフロアにも人の気配がなく、しーんとしていました。
淋しい気持になりました。
「縁があったのは昔の事だもな。違う教室にするか。残念だったな・・・」

でも未練が辛い。「そうだ、決める前に教室の見学をしてみよう!」
あるシナリオ教室は「空いてる教室なら見て良い」との事でした。「私は不動産屋か」

シナリオ作家協会に電話すると、講座の最終日にも関わらず快く見学させてくれました。
講師は林誠人先生
「!!!ドクターX書いてる人が、講師?」
プロがこんなに生徒のシナリオに真剣に向き合うんだ」驚きました。

説明会」にも参加しました。
私は緊張していました。
「この『映画』のシナリオ会館でお笑い好きがばれたら追い出される」
でも現れた柏原寛司先生西岡琢也先生のやり取りは昭和のいるこいる師匠を凌ぐ爆笑ものでした。

面談」も受けました。
「井上先生がお待ちです」と言われ「イノウエってどの?まさかあの?え?は?」とパニックにもなりました。

こうして私は赤坂に通う事になりました。良かった。。

基礎科夜の講師である西岡先生、井上由美子先生ともに林先生と同じように生徒のバラエティにとんだ力作を「こうしたら良くなる」と真剣に関わってくださいます。
本当は「なんじゃこりゃ」と思っていらっしゃるのでしょうか。大丈夫でしょうか。

「分からない」「動機が強引やで」「楽しんでいただく」「何の仕事?」「どんな毎日送ってる人?」「離婚の理由は?」「何故そこで電話した?」「人物掘り下げないと物語綴れない」「芝居作らないと見る人分からんで」「お客さんは説明求めてない」「嘘臭い」「主人公はどう変わったの。そこが見たい」「見てる人の感情揺らして」「プロットで面白そうと思ってもらうように」「何が言いたいの」「ギャラ発生するんやから登場人物には活躍させて
涙が出ます。
教室の夜、「本当に私今赤坂で勉強しているの?」と信じられなくなり頬をムギュと抓っています。夢のようです。

でもお金がなくなると赤坂に来る事はできません。

湯河原のように、赤坂もいつか、「そんな事があったな」と幻になるのでしょうか。
札幌の深夜の映画館でエンドロールの脚本家の名前を見て、「西岡先生に一番突っ込まれていた彼だ」と思う日が来るのでしょうか。

未来は分かりません。だけど
昔々、湯河原の会場で訥々とした広島弁で次回作を嬉しそうに語られた新藤監督の姿が浮かびます。
私の心を暖かいお湯で満たしてくれます。



posted by シナリオ講座 at 14:28| 17年春 69期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

4月の創作論講義

始めまして
ペンネーム 気ままなジョージです
今期の創作論講義が始まりました!

4月は、初めから豪華なラインナップ
初日ゲストは 佐々部清監督
“自主的”映画『八重子のハミング』がこの度公開
監督の出身地、山口県で撮影をされたことから
昨年に県内で先行公開が始まり
東京はいよいよ今月から
有楽町スバル座新宿武蔵野館
で公開されています!

映画が好きだった十代の頃から佐々部監督は撮影に携わり
現在の「八重子のハミング」に至るまでのバイオグラフィーを
『”命がけ”で映画を創る』と題して講義されました

若かりし頃「仕事のない時はシナリオを書け」と
先輩にアドバイスを受け 以後ほどんどの作品を
監督・脚本として手掛けられています

「脚本は熱量だ!」とおっしゃる佐々部監督ですが
今回の「八重子のハミング」の製作秘話も聞くことができました

講義の後にオンエアされていた様々なTVバラエティで
主演の升毅さんや梅沢富美男さんが
公開に至るまでの監督の苦労を語っていたことから
監督の製作の熱い思いがより伝わってきました
 
28年ぶりに映画に出演された高橋洋子さんの演技も必見で
12年間の足取りをおひとりで見事に演じられています

原作の陽信孝(みなみ のぶたか)氏も山口は萩のご出身
併せて原作もぜひご覧ください

ご自身の足で各方面を巡り資金も集め
命がけで製作された作品を全国公開させた
佐々部監督の背中をこれからも追い続けたいです!

さて4月後半は2週に渡って講義された
スクリプトドクター 三宅隆太先生『シナリオ発想術』

既存の作品からの学び方や心理カウンセリングの要素が取り入れられた
シナリオを発想する上でのヒントが盛りだくさんでした

私のノートがこれまでで一番多い8ページに渡るくらい
充実し綿密に組み立てられたプログラム

一番印象に残っているのは「自身の思い込みを疑う」ことでした
世の中にはびこる様々な価値観は
各々の思い込みによって作られてしまっていることも
多いのではないでしょうか

講義の中では
同じように偏った価値観を持つようになった自身の視点を
過去にとらわれず一旦ずらしてみること
他者に共感することに努め新たな行動を意思決定することで
「ものがたり」を実感できる
という点が私には響きました

意外と多くの人が認めていない
自身の過去をチャームポイントとするアドバイスを受け
今後もものがたりを発想し
シナリオ化していきたいと思えました

最後まで読んでくださり
どうもありがとうございます!
気ままなジョージでした


posted by シナリオ講座 at 16:19| 創作論講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

4月26日 研修科昼クラス サイトウ

シナリオ講座の基礎科を受講して、早いもので七か月が過ぎ、いまや研修科です。
「シナリオのイロハから教えて貰おーっ🎶」、そんな気持ちで門を叩きましたが、
待ち受けていたのは脳ミソ沸騰ハイテンションな日々でした!

〇受講スタート〜
・シナリオって?
・好きなジャンルの映画だけ観てちゃダメ?
・いやいや、「PP」「MP」って何!? 知らないのは私だけ?
・「水木洋子」って、誰ですかー?
・シドなんちゃらさんの 「ハリウッド三幕構成」って、常識!?
・え、年齢制限……あり? etc.    

ひと月くらいは、肩を落とし地下鉄の階段をゆらゆら降りて帰りました。
でも……同時に、楽しかった

自分が書いた文章を、バリバリ現役の脚本家講師陣が真剣に読んで講評して下さる。
年齢も立場も越えて、仲間たちとシナリオについて語らう。
まるで、学生に戻ったかのような熱っぽい日々。

拙作に講評をいただき、発想の貧弱さや自己中な思い込みに愕然としたり
あー面白いシナリオを書きたい! 
え、だけど、「面白い」って……何だろ?
気がつけば、寝ても覚めてもシナリオのことばかり

〇基礎科を終了して〜
・ドラマ(シナリオ)はリアルだけじゃダメ! 面白いのか、これは?を常に考えよ。
・登場人物の無駄遣い厳禁! 出したからには、きっちり働いて貰うべし。
・小説流の描写→脚本では余計。ここもあそこもカットだ、カット!
・つまるところ、何を描きたいのか……。etc. 

第68期基礎科昼クラスの講師陣は、丸内敏治先生真辺克彦先生
両先生とも厳しくも温かく、辛抱強く指導して下さいました(引き続き宜しくお願いします!)。
そしてこの4月から、新たに研修科昼クラスの講師に加わって下さった黒沢久子先生
ドキドキしながら迎えた黒沢先生の初講義、刺激的でしたー!

研修科に進み、クラスの仲間が約三倍に増えました。
面白いシナリオが書きたいと、臆せず夢に向き合う人たちがこんなに!?
驚嘆すると同時に、せめて二十年前に始めていれば……と悔やむ気持ちも
気力、体力、人間力。そして時間。何もかも足りない!

そんな時、
巨匠F・コッポラの伴侶エレノア夫人80歳で監督した長編映画、
『Paris Can Wait』が公開されるという記事を読みました。
体験をもとに、ご自身で脚本を書かれたそうです。
そうよ、年齢を重ねてこそ描けるドラマも有るはず。Thank you, Eleanor!

シナリオを学び始めて七か月、胸の中に大それた夢がふくらみ始めています。
夢は見続けてこそ夢、ですよね?

研修科昼クラス・サイトウ、もがきながらも充実しています



posted by シナリオ講座 at 14:26| 17年春 第68期研修科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

6ヶ月間の基礎科夜間部を終えて


僕には初めての雰囲気でした、その方は。

半年前に何があったか、覚えている方は少ないと思います。
僕もほとんど覚えていません。半年前どころか、昨日のことも忘れるありさまです。
ある一日の出来事だけを除いて。
覚えているのは9月16日。
なぜか。シナリオ作家協会のシナリオ講座説明会があったからです。
説明会に到着したときには、会場は半分以上、埋まっていました。
研修科の柏原寛司先生と、基礎科で現在も教えていただいている林誠人先生から
脚本、脚本家のことについて説明をしていただきました。とても有意義な時間でした。
でも、僕は説明を聞くよりも、林先生の挙動をじっと見ていたのです。
饒舌な柏原先生と比べ、説明会なのに、頬杖をついたり、腕組みをしながら、
押し黙っているような感じの林先生は、それだけで雰囲気がありました。
林先生はやおら口を開くと、シナリオは技術である、その技術を教える、と言われました。
その一言で十分でした。僕は、半年間、通うことに決めました。

とはいえ、僕は人見知りの、口下手なのです。
初回の講義に参加したときには、「ああ、きっと他の受講者と仲良くなるには時間がかかり、
先生と何気ない会話をする時間など遠い先なんだろうな」と思っていました。
しかし、塩田千種先生林誠人先生がいらした初回の講義で、
自己紹介やガイダンスが終わった後、先生方から声をかけていただき、
飲み会に参加し、そこで受講者や先生方とも言葉を交わすことができたのです。
今でも先生方と話すときは緊張してしまうのですが、初日は何を話したのか覚えていないほどです。

それからも飲み会は毎回講義終了後に開かれました。
飲み会は好きなので、毎回のように参加しました。
そうすることで、先生や受講仲間のこともわかり、また、
自分のことも周囲にわかってもらえることができたと思います。

それから毎週、家も職場もある千葉から赤坂に通いました。
半年間の講座では、前半はシナリオの書き方について、テーマや構成、
キャラクター、セリフ
などを教わりました。
僕は今までも本などでシナリオを勉強していたのですが、
本だけでは得られないポイントが随所にありました。
後半は一転、実習形式で、1時間のドラマをプロットからシナリオへと書き進めていきました。

講義で印象的だったのは、シンプルなプロットが、塩田先生の講評で、
どんどんと物語が組み立てられ、人物が動き出していくさま
を目の当たりにして、
僕は鳥肌が立っていくのがわかりました。
飲み会でも、先生に「今日の講義は感動しました」と伝えたところ、喜んでいただいたことを覚えています。

また、 僕自身は、プロットを出したあとで、シナリオを提出し、
林先生から褒めていただくと同時に、「予想通りでつまらない」と言われ、
褒めていただいたこと以上にうれしかったことを覚えています。
先生方に自分が書いたシナリオを読んでいただき、そのうえで講評をいただけるという幸せ。
講評は講義時間中では終わりきりませんでした。
そのあとの飲み会で、続きを聞きたいです、と先生にぶつけたところ、
マンツーマンのような形でさらにご指導いただけました。
 
とはいえ、自分で作品を作り上げなくてはいけないので、すべてをさらけ出していくことになります。
失敗もしました。
そんなときに、僕は塩田先生の言葉を何度も反芻しました。
「ここは授業だからいっぱい恥をかきなさい」
何度この言葉に背中を押されたことか。

また、飲み会などで早く仲良くなったこともあり、
他の受講生の作品も、興味深く読むことができました。
また、他の作品を読み、講評を聞くことで、自分の作品にフィードバックさせることもできました。
シナリオは独学で勉強することもできますが、
受講仲間や先生方に講評していただくことは講座でしかできないことです。

今回、タイミングもよかったなと思うのは、
お二人の先生方の作品が、受講期間中にテレビやラジオで放送されたことです。
その作品について、作品の成り立ちや背景を直接伺えたことは、
今しか経験できないこと だったかもしれません。

68期基礎科は3月23日に修了しました。
僕は4月から研修科に進み、継続して、塩田先生、林先生に、
また、新たに加わる赤松義正先生に教わり続けようと思っています。

基礎科最後の講義は林先生でした。
いつもみんなで行く居酒屋で、半年前の説明会と変わらぬ雰囲気のままの林先生から、
僕の作品の至らない点について教えていただいきました。自分の甘さを突かれたようでした。
今後も、教えていただける幸せを胸に、一歩でも上達できるように頑張っていきたいと思います。

植地



posted by シナリオ講座 at 11:03| 16年秋 第68期基礎科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする